FC2ブログ

廊下のむし探検 小さなハエ類ほか

廊下のむし探検 第775弾

一昨日の「廊下のむし探検」の続きです。だんだん寒くなって虫が減ってくると、小さな虫でも探してみようかと、あちこちきょろきょろするので、どうしても小さな虫を撮ることになってしまいます。この日もそんな日でした。



最初はこんな虫です。横に目盛り付きのテープを貼って大きさを見積もってみました。体長はわずか1.3mm、前翅長1.1mm。本当に小さいですね。でも、何となく形に見覚えがあります。もしかして、ヌカカ科かな。



こちらも同じ場所にいました。朝、紹介した写真です。この写真を使って検索し、Lestremiinae亜科のMicromyini族Campylomyza属のC. Moriあたりの種かなというところまで到達しました。詳しくはその記事を御覧ください。



これも小さいのですが、こちらはユスリカでしょうね。



小さいついでにこんなチャタテもいました。触角が長いので、全体を撮ると本体はこんなに小さくなってしまいます。



本体を拡大するとこんな感じです。これは以前、クロミャクチャタテだといっていた種みたいです。





トビケラもいろいろといるのですが、どうせ情報が少ないだろうからとあまり調べる気にもなれません。



クサカゲロウは顔の模様がちょっとはっきりしないのですが、やはりスズキクサカゲロウでしょうね。



例によってカメムシはいろいろといます。これはケブカカスミカメという小さなカメムシです。



それからこの間からいるケブカヒメヘリカメムシ



キバラヘリカメムシ



トレードマークの刺があまり尖っていないので、ひょっとしたらタイワンオオヘリカメムシかもと思ったのですが、たぶん、ミナミトゲヘリカメムシでしょうね。



最後はもうすっかり常連になったヒメツチハンミョウです。この日は2♀がいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ