fc2ブログ

廊下のむし探検 蛾とクモ

廊下のむし探検 第755弾

一昨日の「廊下のむし探検」の続きです。



この日はこんな珍客がいました。これまでずっとマンションの廊下を見てきたのですが、こんなお客は初めてです。アゲハの終齢幼虫ですね。どこから来たのでしょう。廊下の床近くの壁についていました。ここで蛹にでもなろうとしているのでしょうか。



こちらは外壁にいるいつもの毛虫です。以前、教えていただいたのですが、たぶん、ヤネホソバの幼虫です。これは毒毛を持っているというので要注意です。





これは両方ともウスキツバメエダシャクでしょうね。



こちらはナカウスエダシャクでしょうね。この時期になるとよく見かけます。



カバナミシャクの仲間ですが、名前は例によって分かりません。



これはアオアツバですね。



これは生きているのやら死んでいるのやらよく分かりませんが、たぶん、オオシラナミアツバだと思います。



これも例によってダイズサヤムシガあたりの蛾ですね。



今回は綺麗に撮れました。たぶん、ハンゲツオスナキグモですね。



それにこの頃毎日のように見かけるヒラタグモです。と言ってもひょっとしたら同じクモを写しているのかなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナミアゲハの幼虫は、蛹化の為に彷徨いてるっぽいですね。

オオシラナミアツバ?は死んでいる感じですね。
触角が曲がってるのは、おそらく乾燥したからでしょう。
ガガンボなどは透明の容器に入れて日向に置くと、みるみる内に萎れて死にそうになりますよ。
直ぐに水分を与えると戻りましたが、やはり小さな昆虫は乾燥に弱いですね。

No title

なるほど。触角を見れば生きているのか死んでいるのかすぐに分かりますね。気が付きませんでした。道理で変な格好で止まっているなと思いました。触角は細いので一番乾燥しやすいのでしょうね。そんな話を聞くとガガンボは何だか植物みたい・・・。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ