FC2ブログ

廊下のむし探検 ハナムグリなど

廊下のむし探検 第735弾

一昨日の「廊下のむし探検」の続きです。



いつものシロテンハナムグリかなと思って気楽に撮影したのですが、家で写真を見てみると、どうもシロテンと違うようです。



腹部中央に深い縦溝があります(A)。まずは、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」のハナムグリ族の検索表に沿って見ていきます。最初の項目は中胸腹板突起についてなので、そこを見てみます。



この写真中央の突起(E)がそうです。この突起は横長なので、コアオハナムグリ属とハナムグリ属は除外することができます。



それから、先ほどの写真と同じですが、背側から見ると前胸背板後縁中央が湾入しています(C)。さらに、腹側から見ると左右両側の後基節が接しています(B)。従って、クロハナムグリ属ではなく、シロテンハナムグリ属になります。

次はシロテンハナムグリ属の亜属への検索なのですが、中型で、翅端が少し突出しているだけなのでHeteroprotaetia亜属が除外でき、前脛節が被覆物で覆われていないのでTomentoprotaetia亜属も除外できます。次に、♂腹部腹板中央に明瞭な縦溝があるという項目が出てきます。この個体が♂なのか、♀なのかよく分からないのですが、♀は腹板中央に縦溝がないだろうと思われるので、おそらくこれは♂でしょう。だとすると、上記の項目通り、腹板中央に明瞭な縦溝があります(A)。従って、Liocola亜属になります。この段階でシロテンハナムグリは除外されました。



シロテンと違うことは、頭盾の中央が深く湾入していないこと(D)からも確かめられます。



さらに、この写真のように後脛節外縁には段差があるのですが、この個体では1段だけです(F)。これに対してシロテンでは2段あります。この点も違います。

日本産のLiocola亜属には5種記録されているのですが、このうち本州にいるのは、シラホシ、ムラサキツヤ、ミヤマオオの3種だけです。



これは上翅の写真ですが、後半部分に半円形の点刻が密にあります(G)。ミヤマオオではこの部分に点刻がないので除外してよさそうです。残ったのは、シラホシとムラサキツヤです。両者の違いは説明を読んでもよく分からないのですが、ムラサキツヤの説明では、「上翅の基半部はほぼ無点刻、後半のへこんだ部分には後方に開く馬蹄形の点刻が密にあり・・・」と書いてあるので、先ほどの半円形の点刻のことを指しているのではないかと思いました。従って、これはムラサキツヤハナムグリかなと思ったのですが、自信はまったくありません。(追記:説明がちょっと分かりにくかったので、写真に記号をいれました)(追記2015/10/09:通りすがりさんから、「こう言うふ節の短いハナムグリは見付けたことが無いんですよねえ。」というコメントをいただきました。気が付かなかったのですが、他のハナムグリに比べるとこの個体の跗節は短いみたいです。今度比べてみよう



手すりの柱の影から何かがのぞいています。



翅に白い点があります。ハラビロカマキリでした。



小さな虫が動きまわっていたので撮ってみました。こんなチャタテムシの仲間でした。



これはコツチバチの仲間かな。



マダラガガンボの♀がいました。これもおそらく近縁種の方でしょうね。



後はツヤアオカメムシです。この頃、よく見ますね。



こちらもよく見るワスレナグモです。



最後はオチバカニグモの仲間でしょうね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こう言うふ節の短いハナムグリは見付けたことが無いんですよねえ。
千葉にはシラホシが居ないもので…
ムラサキツヤやらキョウトアオやら見付けてみたいです。
もちろんシラホシも。

No title

これは跗節が短いのですか。ちっとも気が付きませんでした。いつものシロテンだとばかり思って撮影して、後で写真を見たら違うようなのでびっくり。一応、腹側と頭盾は撮ろうと思っていたのですが、ついでに前脚脛節や跗節も写っていましたね。虫はそれぞれに観察しなければいけない場所が違い、なかなか覚えられません。かと言って、みな採集するわけにもいかず・・・。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ