FC2ブログ

廊下のむし探検 ダイコクコガネ、クサカゲロウなど

廊下のむし探検 第725弾

昨日の続きで、一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。蛾以外で残っているむしを紹介します。



最初はこの甲虫です。頭に短い角が生えています。たぶん、ダイコクコガネ類の♀だろうと思って、角と頭盾を拡大してみました。





「日本産コガネムシ上科標準図鑑」を見ると、本州に分布するダイコクコガネ属にはダイコク、ミヤマダイコク、ゴホンダイコクの3種がいて、検索表も載っています。でも、前脚脛節、腹面など重要なところを撮らなかったので、検索表に沿って進むのが難しいです。なによりも大きさを測るべきでした。上の3種の中ではゴホンダイコクだけが小型でした。それで、検索表や種の説明を読んでポイントとなるところだけを写真に加えてみました。

ミヤマダイコクは前胸背板の前角がゆるく丸くなり、決して外側で角張らなく、さらに、前胸背板の中縦溝も明瞭だとのことでまずは除けそうです。さらに、ダイコクコガネは頭盾前縁の切れ込みが浅く、また、♀の突起も小さく瘤状に突出というので除けそうです。結局、ゴホンダイコクコガネが残ることになりました。これは頭盾前縁中央の切れ込みが深く、この付近でほとんど無点刻であり、♀では中央に尖った円錐形をした短角があることなど特徴がよく一致しています。説明を読むと、ゴホンダイコクコガネは、奈良公園ではシカ糞を食べ、シカに依存した生活をして、普通に見出されるとのことです。そういえば私の家の周辺でもたくさんのシカがいるので、ゴホンダイコクがいてもおかしくないなと思いました。



後は例によってオオゾウムシです。このごろよく見ますね。



クサカゲロウがいました。緑色の体に黄色に中心線が入り、触角はそれほど長くはありません。翅脈は緑色です。こんな特徴を見ておいて、顔を拡大してみます。



頬に丸い黒紋、そ個から伸びた湾曲した黒い太い線状の模様、さらに、口肢が先端3節ほどは真っ黒です。ということからスズキクサカゲロウだと分かります。



また、いました。先ほどと外観は似ています。比較すると、体の中央を走る黄色い線がやや弱い感じ。



顔を拡大したときに、ちょっと違和感がありました。口肢の黒がそれほど強くないし、頬の黒、それから伸びる湾曲した線状模様も弱い感じです。一応、捕まえてきました。検索表に沿って調べるとヒメクサカゲロウ属になりました。この属にはヤマト、スズキ、アカスジの3種が載っています。アカスジは顔にX字型の模様があるのですぐに分かりそうです。残るはヤマトかスズキになります。どちらだと言われると、やはりスズキクサカゲロウのようです。先ほど気がついた点はやはり個体変異の内なのかもしれません。



もう1匹いました。外観的には体の中央の黄色の線がなく、触角は比較的長く、さらに、翅に黒い翅脈が走っています。明らかに違う種です。



顔を拡大すると、頬に黒い紋があり、口肢の先端節が暗色、触角柄節の外側が暗色になっています。この間から見ているクロヒゲフタモンクサカゲロウみたいです。クサカゲロウもいろいろと出てくるので、こんな特徴を整理しておくとよいですね。



後はガガンボです。この写真には写っていませんが、前脚脛節端に突起があるので、ガガンボ科ガガンボ属です。そこまではたどり着くのですが、そこでストップです。これは腹の先端が尖っているので♀です。



こちらは何だろう。翅を閉じていたので、調べませんでした。今頃、地下駐車場にガガンボがたくさん止まっています。昨年の10月初めの記事にもガガンボが大量に発生と書いていました。今年は少し早いのかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

シカが居ると色々見られますね。
農家にとっては大敵ですけど、オオセンチコガネやダイコク様は魅力的な…

No title

昔はこんなにシカはいなかったのですが、最近はどんどん平地まで降りてくるようになりました。おかげでいろいろな虫がやってくるようになりましたが・・・。もう、奈良公園に行かなくてもいいですね~。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ