fc2ブログ

廊下のむし探検 モンキツノカメムシ、エンマムシなど

廊下のむし探検 第702弾

昨日の「廊下のむし探検」の続きです。



この日はこんなカメムシがいました。いつもいるエサキモンキツノカメムシはハート型のマークがついていますが、この個体はハート型ではありません。これは別の種で、モンキツノカメムシといいます。エサキに比べると数が少ないみたいです。エサキはこれまで「廊下のむし探検」では4回見ていたのですが、モンキツノカメムシは今回が初めてでした。



壁の高いところに止まっていたので、手を伸ばして撮ったら、こんな姿に写りました。たぶん、ミナミトゲヘリカメムシでしょうね。棘が鋭いですね。



エンマムシの仲間がいました。クモの巣まみれになっていたのですが、エンマムシはこれまでよく分からなかったので、捕まえてきて調べてみました。



エンマムシは触角に特徴があるようです。触角が膝状に曲がっていることと、先端が球桿と言われるような丸い形をしているのが特徴のようです。

今回の個体は体長が10mm程度ありました。「原色日本甲虫図鑑II」を見ると、エンマムシの仲間では10mmというはそれほど多くないので、10mm程度の大きさで本州に生息する種を「原色日本甲虫図鑑II」と「原色昆虫大図鑑II」から抜き出してきました。

オオヒラタ  8.0-11.3mm Hololepta属
ヤマト     8.9-11.5mm Hister属
-       8.8-12.5mm Merohister属
クロ      6.8-9.0mm Hister属
イブシ     8.6-13.5mm Hister属
ヒメ       5.2-9.5mm Margarinotus属
ニセヒメ    5.2-9.5mm Margarinotus属

このうち、外見の違いからオオヒラタを除外すると、Hister属、Merohister属、Margarinotus属の3属に限られることが分かりました。そこで、「原色日本甲虫図鑑II」に載っている属の検索表でその部分だけを調べてみました。Melohister属は前胸背板には側縁に接した1側条があるだけで、他の2属は2側条があります。それで、その部分を見てみました。



この写真を見ると、外側条と内側条の2条があります。そこで、Hister属とMargarinotus属の2つが残りました。この2属は上翅の側縁に近いところにある外副肩条と内副肩条があるかないかで区別できます。Margarinotus属では、外副肩条があり、内副肩条を欠きます。そこでさらにその部分を見てみます。



この個体では内副側条はあるのですが、外副側条はありません。従って、Hister属だけが残りました。この属で大きさが10mmほどあるのは、ヤマト、クロ、イブシの3種ですが、この3種は背条という上翅にある筋の入り方が違っているようです。背条は見難いので角度を変えて撮影してみました。



これを見ると、第1背条と第2背条はほぼ完全でくっきりしていますが、第3背条は途中で途切れていることが分かります。また、第4背条はほとんど痕跡程度で、第5と第6は見えません。これらの特徴を図鑑の説明と比べてみると、ヤマトが一番近いようです。ヤマトの説明には、「上翅の第1~2背条は完全、第3は2分され、第4~5は翅端にあり、第6は欠除」とあります。他の種はいずれも第1~3背条は完全なので、ヤマトエンマムシが一番可能性が高いかなと思っています。



他の甲虫ではこんな虫がいました。これは以前も見たアカクビホシカムシだと思います。



そして、これはユミアシゴミムシダマシかな。



綺麗で可愛い虫です。画像検索してみると、サジヨコバイが似ているようです。



この間から見ていた、ヒメクモバチの仲間かなと思われる種の巣作りの様子です。先日、左の2つの写真をお見せしたのですが、あれから2日ほど経ってさらに巣が2つ増えていました。全部で9個。最後のを横向きに作って、これで打ち止めというところでしょうか。



クモの巣にたぶん、ワスレナグモかなと思われるクモが引っかかっていました。クモもクモの巣に引っかかるのかな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

モンキツノカメムシは見付けてみたいんですが、エサキばかりです。

エンマムシもいろいろ見付けてみたいんですが、偶然に頼っててもなかなか見られませんね。
腐肉でも置いとけば?
まあ、住宅地じゃ苦情しか来ないでしょうが。

No title

モンキツノカメムシはだいぶ以前に1匹見たきりでした。こちらでも見るのはエサキばかりです。

図鑑に載っているエンマムシの属への検索表は見るからに大変なのでずっと諦めていました。でも、大きな種は何とか分かるかもしれません。腐肉に集まるのですか。ちょっと集めたい気もするのですが、苦情が来そうですね。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ