FC2ブログ

廊下のむし探検 ヒシバッタ、ガガンボほか

廊下のむし探検 第700弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果で、昨日出した蛾の続きです。





今日の最初はヒシバッタからです。ヒシバッタがいたら、横からだけでなく上からも写さないといけないと覚えていたので、横と上から写してみました。この写真だけからどこまで分かるのか調べてみました。参考にしたのは次の本です。

日本直翅類学会編、「バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑」(北大出版、2006).

この中の検索表を使って、上の写真を調べてみました。たぶん、ハラヒシバッタあたりかなと思ったので、それに至る部分だけを抜粋して載せると次のようになります。



この項目を上記の写真に当てはめてみます。番号は上記の本に載っている検索項目の番号です。



これは一番上の写真を横向きにしたものです。



後ろの部分を拡大してみました。面白い形の産卵管が見えています。



真上からと前胸背板前域を拡大したものです。詳細は省きますが、気になった部分だけ書いてみると、13の前胸背板の前域は拡大図に示すように正方形に近い長方形です。15の後翅が写真ではほとんど見えないのですが、かすかに見えている部分がそうではないかと思います。ヒシバッタ属まではこの写真でほぼ完全に理解出来ました。問題は種への検索で、ハラヒシバッタかどうかを確定するには、正面からの写真も撮らないといけなかったみたいです。産卵管もうまく写ったのですが、これが太いか細いかは相対的なのでよく分かりません。ということで、結局、この辺でストップすることになってしまいました。やはり採集しないといけないかな。



次はガガンボです。ガガンボはいつもガガンボ類としているだけだったので、これも写真でどこまで分かるか調べてみました。参考にしたのは

川合禎次、谷田一三共編、「日本産水生昆虫」、東海大学出版会 (2005).

といつもの「絵解きで調べる昆虫」です。ただし、この間も書いたように翅脈の名称が本によって違っているので、「日本産水生昆虫」に合わせて書いてみました。まず、科の検索は次の通りです。



次にガガンボ科の属への検索は「日本産水生昆虫」に載っている検索表を用いました。



11以降はもやもやしているので、すべてを書いていますが、それ以前は抜粋です。上の写真からどこまで分かるか調べてみます。





上は翅全体、下はその部分の拡大です。検索表に出てきた番号を写真に書き込みました。詳細は省略しますが、ちょっと気になった点だけ書いてみます。検索表の中には触角に関する部分もかなりあったので、触角も撮らないといけないなと思いました。10に「M4脈はM3脈と共通部分を持つ」という項目があるのですが、非常に分かりにくかったです。上に拡大写真がありますが、ほんの僅かな距離ですが、共通部分があることが分かります。

属まで達するには、11に前脛節の距棘があるかどうかという項目があるのですが、これを撮らないといけなかったようです。従って、ここでストップです。脚に白い帯状紋がないので、結局、マエキガガンボ属かガガンボ属ということになります。「日本産水性昆虫」には、マエキガガンボ属には6種、ガガンボ属には16亜属109種があるとのことで、種まではまだまだ先が長いですね。



もう1匹ガガンボがいたのですが、これもマエキガガンボ属かガガンボ属の♂になりました。



先日見つけたヒメクモバチらしい巣ですが、3日経ってだいぶ進んでいました。1日か1日半に1個ずつ作るみたいですね。

その他の虫です。



これはクサギカメムシの幼虫でしょうね。



チラカゲロウ



ひっくり返っていたのは、



カナブンでした。



綺麗なコメツキです。これは調べれば名前が分かるかな。



ヤガタアリグモでしょうか。



それにムカデの幼体でした。

探すといろいろといますね。写真から何とか種の同定ができるといいなと思って、頑張っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガガンボは属まで分かれば満足、科や亜科止まりなんてのが普通ですね。
時期的にホリカワクシヒゲガガンボなんか見られそうですけど、マンションには来てませんか?

No title

ホリカワクシヒゲガガンボ、こちらでは昨年の6-8月に見ていました。そういえば今年は見ていませんね。ガガンボも何とか写真だけで属か亜属あたりまでいければよいなと思うのですけどね~。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ