fc2ブログ

廊下のむし探検 アブ、甲虫、その他

廊下のむし探検 第668弾

昨日は「虫展」でだいぶくたびれました。まだ、片付けがすべて終わっていないのですが、8月1日に見た虫の整理を早くやっておいた方がよいかなと思って先に出します。



最初はこのアブです。このアブ、どうして目がこんな色をしているのでしょうね。写し方のせいかなと思って、いろいろな方向から撮ってみたのですが、やはり同じ色でした。図鑑を見てもこんな目の色のアブはいませ。検索をしようと思っても、左右の目がくっついているので♂ですね。ということで、そのままにしてきました。



廊下の壁にこんなアシナガバチがいて、何だかこちらを睨んでいるような様子でした。たぶん、セグロアシナガバチでしょうね。セグロは大きいので、ちょっと怖いですね。これもそのまま放っておきました。昨日、「虫展」で「マンションの来る毒虫」で紹介したものばかりですね。



ちょっと色の変わった甲虫です。全身に毛が生えており、また、触角も特徴的です。これを見て何となく、カッコウムシを思い浮かべました。自分で作った画像リストを見てみると、やはりカッコウムシ科のアカクビホシカムシでした。苦手だった甲虫もちょっと感が働くようになったかな。昨年の8月18日にも見ていました。その時の記事を見てみると、「ホシカ」は干鰯虫(ほしかむし)から来たのかもと書いていました。



これは昨日の「虫展」で展示したカミキリです。たぶん、タケトラカミキリですね。当日は時間の余裕がなくて、単に、「カミキリムシ」とだけ書いておきました。



これはキボシツツハムシです。これは余りにも小さいので展示は止めました。



アオモンツノカメムシです。カメムシは臭うかもしれないので、展示はパスです。



これはベッコウハゴロモ



それにウスバカゲロウ



ウロコチャタテです。ウロコチャタテはたくさんいたのですが、あまりに小さいので展示してもねぇ~。

蛾とクモは次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
今年は準備から猛暑の中で大変だったでしょうね。

アブは相変わらずオスですか。
このアブは翅脈の特徴からシロフアブ群ですから、6種のうちの何れかで、分布から更に絞り混むことはできるでしょう。

No title

通りすがりさん、コメント有難うございました。パネルの準備が大変だったのですが、来られた方は標本を見ようとされるので、それが古いとどうしようもないですね。

アブ、おそらくR5脈とM1脈が広く開いているかわずかかという点だと思うのですが。「水生昆虫」の図と比べながら調べていったらもっと分からなくなりました。手元の標本を見たら、うまい具合にアカウシ♀の標本があり検索ができました。検索は早川氏の東北農試研究(1990)の絵解きが便利です。それでやっと気が付きました。「水生昆虫」の図が違っているのです。「一寸のハエ」によると、Fig.9とFig.10はそっくり入れ替わっているとのこと。これで分かりました。やはりR5とM1がほとんど閉じた状態だとシロフアブ群で、少し離れているとそれ以外だということです。翌日も同じアブがいたのでもう少し接近して撮ってみたのですが、R5とM1は離れていて、しかも、R4には小枝がでていました。ということでウシアブ群らしく、さらに腹背の模様や触角第3節の色から、私はヤマトアブかなと見当をつけたのですが、いずれにしても♀待ちです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ