FC2ブログ

廊下のむし探検 甲虫ほか

廊下のむし探検 第654弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果の続きです。



今日の最初はこのコガネです。ビロウドコガネの仲間かなと思って、採集してきました。冷凍庫に入れておいて、今日、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」の検索表を用いて調べてみました。この検索表には図が出ているので、大変使い易いです。あまり迷わず、アカビロウドコガネにたどり着きました。ビロウドコガネとの違いの決め手は後脚の腿節や脛節が太いことです。その部分の写真を載せます。



これがその部分ですが、確かにずいぶん太くなっています。



次はカミキリです。触角がやや長いので、ノコギリカミキリではないかと思います。



これはタケトラカミキリでしょうね。



小さなカミキリで、体長はわずか5.8mmです。図鑑で調べてみると、イボタサビカミキリのようです。



これはこの間、通りすがりさんに教えていただいたオオクチブトゾウムシのようです。捕まえてくればよかったのですが、写しているときはそのことをすっかり忘れてしまっていました。どうも撮影に夢中で、肝心の虫のことを忘れてしまうみたいです。(追記2015/07/27:下唇前剛毛の数が2本でオオクチブトゾウムシの属するPhyllolytus属の特徴と合わないようです。もう少し検討する必要がありそうです)(追記2015/07/29:上の追記は以前の記事に対するものでした。これはたぶん、クリイロクチブトゾウムシではないかと思われます。詳細はこちらを見てください



こちらはハナノミです。まだハナノミはどう見るのかが分かりません。ハネカクシと同様、今のところ名前調べはパスです。



これはフナガタクチキムシですね。これで甲虫は終わりです。



クサカゲロウがいました。最近、クサカゲロウが少し分かってきたので、出てくるのを楽しみにしています。このクサカゲロウ、見た時にスズキクサカゲロウかなと思ったのですが、顔を拡大してみると、



やはりスズキでした。



最後はこのクモです。結構、大きかったです。ヤチグモかなと思ったのですが、よくは分かりません。

ところで、来月の第1日曜日(8月2日)に昨年と同様、「廊下のむし探検」と題して、マンションの集会室で虫展を開くことにしました。今年は10時から16時までと昨年より1時間短くするつもりです。また、11時と15時にプロジェクターを用いて説明しようと思っています。そのために、液晶プロジェクターも注文しました。うまくいくと良いけど・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ