FC2ブログ

廊下のむし探検 キンケトラカミキリ、マルバネトビケラほか

廊下のむし探検 第52弾

朝晩はまだ寒い感じなのですが、今日もたくさんの虫が見られました。まずは甲虫からです。



イタドリハムシです。触角がすごいですね。





一昨日もいたクチブトゾウムシです。今日は名前を調べてみようと捕まえてきました。図鑑によれば翅の毛の長さが決め手のようです。調べてみると、翅の筋と筋の間隔とほぼ同じ長さなので、ケブカクチブトゾウムシかもしれません。



マンションの外壁には変わったカミキリが止まっていました。模様はキンケトラカミキリと一致してします。あまり、金毛ではないのですが・・・。

次は蛾の仲間です。



シャクガ科のハスモンエダシャクです。斑点がはっきりした個体です。(追記2018/07/21:ハスオビエダシャクの間違いです



ヤガ科のマエシロモンキノカワガです。以前はキノカワガ亜科に入っていたと思うのですが、新しい図鑑ではリンガ亜科に入れられています。まだ、分類上の位置がはっきりしてしないのかもしれません。



これはシャクガ科のナカモンキナミシャクです。モンキキナミシャクとよく似ていますが、筋がはっきりしています。



この間も出てきたシャクガ科のシタコバネナミシャクです。



これもこの間出てきたシャチホコガ科のノヒラトビモンシャチホコです。



これはヒトリガ科であることは間違いないのですが、写真では同定が難しい種類です。とりあえずキマエホソバということにしておきます。



廊下には相変わらず、ヒゲナガカワトビケラであふれています。今日はこんなトビケラもいました。マルバネトビケラです。



そのほか、ハエだかハチだか分からない虫が地下駐車場の天井に止まっていました。ハチやハエは名前を調べるのが難しいですね。(追記:デガシラバエ科のミツモンハチモドキバエでしょうね

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ