FC2ブログ

廊下のむし探検 ホシシャクほか

廊下のむし探検 第619弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。最近は本当に虫が減ってしまいました。ちょっとつまらないと言えばつまらないのですが、その代わり写真の整理は楽ですね。



今日の最初はこの蛾からです。ホシシャクです。昨年も一昨年も一度だけ見ました。一昨年は7月4日、昨年は6月24日。今年はちょっと早かったですね。翅が薄くていかにもか弱い感じです。なぜ、蝶ではなくて、蛾の仲間なんかに入ったんでしょうね。「標準図鑑」によると、シャクガ科ホシシャク亜科に入っていて、昼飛性ですが、夜間に灯火にも飛来するそうです。



こちらはヒョウモンエダシャクです。「標準図鑑」によると、夜間灯火にも飛来するが、昼間も吸蜜のため花を訪れるなど活発に活動するそうです。確かに昼間ときどき見かけますね。



こちらはハラゲチビエダシャクです。「廊下のむし探検」初登場ですが、ときどき見かけます。





蛾の最後はヨツボシホソバカノコガでした。カノコガも昼間よく見かけますね。



甲虫では、4月に悩んだハムシがまたいました。あの時はいろいろと迷った挙句、結局、ニレウスバヒゲナガハムシにしました。たぶん、同じ種だと思うのですが、どうでしょうね。



アオカミキリモドキがこの日も2匹いました。この頃、毎日見ますね。



これはキマワリですね。歩き方が何となく変わっていますね。



ヤマトヤブカの♂の方です。蚊も止まっていると極力撮るようにしているのですが、いつもこの種です。



これはマダラヒメグモでしょうね。



それにズグロオニグモ



それにアサヒエビグモです。クモもだいたい出てくる種が決まってきましたね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ