FC2ブログ

廊下のむし探検 コカブトムシほか

廊下のむし探検 第559弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果のうち、甲虫を紹介します。これまで2日前、3日前の結果だったのですが、だいぶ追い付いてきました。今日の最初はこの甲虫です。






前胸背板の真ん中に大きな凹みがあります。初め、何かで押されて凹んだのかなと思ったのですが、調べてみるとこういう種だったのですね。これはコカブトムシです。「原色日本甲虫図鑑II」の説明を読むと、♂は頭部に短角がありと書かれているので、頭の部分を拡大してみました。



ホコリまみれになっていますが、小さな角が見えます。普通のカブトムシに比べるとずっと小さくて、普通のコガネくらいの大きさでした。昨年は7/3に見ていました。



銅色に光っているコガネです。翅の横に白い毛が見えます。ちょっと斜めから写してみました。



こんな感じですね。図鑑で調べると、カタモンコガネに似ています。(追記2015/05/12:確かではないのですが、ナラノチャイロコガネかもしれません



この形には見覚えがあります。テントウダマシの仲間ですね。図鑑で調べてみると、キボシテントウダマシに似ています。これは初めて見ました。



変わった形の甲虫で、ベニボタルの仲間ですね。図鑑やらネットを駆使して調べてみて、テングベニボタルかなぁと思っています。あまり自信はありません。これも初めて見ました。



似た種があって、以前から名前が分からない種です。とりあえず、ウスチャジョウカイの仲間としておきます。



変わった色のコメツキです。この色と形からホソツヤケシコメツキの仲間かなと思ったのですが、どうでしょうね。



ヒメマルカツオブシムシだと思われる虫です。カメラをどんどん近づけて撮影していたら、



突然、翅を開いて飛び上がりました。カツオブシムシも驚いたのでしょうが、私もびっくりです。



ジョウカイモドキの仲間だと思うのですが、名前は分かりませんでした。



これは、この間通りすがりさんに教えていただいたヒラズネヒゲボソゾウムシではないかと思います。緑色で綺麗ですね。でも、結構小さいんです。



最後はこのケナガスグリゾウムシです。昨年は4-5月頃と8-9月頃に何度も見ていました。この他にも、ハムシダマシやカミキリモドキ、カミキリなどの常連たちがいましたが、今日は省略です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお!コカブトムシ。立派な(?)♂ですね。以前、石垣島を訪れた際に街灯下で♀を拾って、産卵、飼育したことがあります。幼虫の成長が早くてびっくりしました。(私にとっては)見ようと思っても、なかなか見つけられない種類です。

No title

ほしさん、コメント有難うございました。玄関の外でひっくり返ってなかなか動こうとしないので、写真を撮ったら胸背に大きな凹みがあるのでびっくりしました。まさか、コカブトムシだとは思いませんでした。それにしても産卵・飼育とはすごいですね。私は飼育はしたことがありません。

No title

コカブトムシは前胸の窪みの大きさにも性差がありましたよね。
これも減ってしまった虫の1つですが、最近は春キリガの頃に越冬明けの個体を見ることができてます。
子供の頃、カブトムシの幼虫くらいの特大クワガタの幼虫を見付けた時に、ケースとマットを買いに行く間だけコカブトムシも入ってるカブクワのケースに入れといたら、帰った時には食われてた苦い思い出が。

No title

大きさがずいぶん小さいので、あまりカブトムシという感じがしませんね。これを大型のクワガタを一緒に入れたら可哀想。前回見たのは昨年7月で、この時は♂♀どっちだったのだろう。

No title

クワガタの幼虫がコカブトムシに食われちゃったんですよね。
肉食だから、蛋白質に餓えてたんでしょうが…

No title

すみません。逆を思っていました。コカブトムシ成虫にクワガタ幼虫が食べられたのですね。幼虫が幼虫を食べるわけはないかー。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ