fc2ブログ

廊下のむし探検 やはり蛾とハエばかり

廊下のむし探検 第493弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。昨日も今日も外出していたので、名前調べがあまり出来ていません。でも、とりあえず出しておきます。やはり、全体に蛾とハエが多いですね。中にはちょっと変わったものも出ていましたが・・・。



今日の最初はこの虫です。一見何だろうと思ったのですが、この姿から、これはカメムシ目アブラムシ科の虫であることが分かりました。でも、これから先どうやって名前を調べたら良いのかわかりません。触角が長いので、おそらく○○ヒゲナガアブラムシという種だとは思いますが・・・。



ちょうど羽ばたこうとしたので、翅脈も撮影出来ました。単純な翅脈ですね。

ところで、Wikipediaを見ると、アブラムシについてなかなか面白いことが書いてありました。それによると、アブラムシは春から夏にかけては♀が卵胎生単為生殖によって胎内に子を宿している♀を産むそうです。卵胎生というのは、卵を胎内で孵化させて子供を産むことです。こうやってどんどん♀を産み続け、爆発的に数を増やしていきます。あまりに数が増えすぎると、今度は翅の生えた♀が産まれ始めて、過密状態を緩和するようになるそうです。そして、秋から冬にかけては、今度は♂が産まれて、通常の卵生有性生殖をするようになるのです。



オナシカワゲラもいました。思えば、昨年はこれの名前を調べようと、四苦八苦していましたね。結局、カワゲラの検索はよく分からないままで止まっています。今年はもう少し頑張ってみようかなと思っています。



後は蛾とハエばかりです。また、フユシャクの♀がいました。翅が少し見えているので、エダシャク亜科ですね。体長は7mmほどの小型なので、たぶん、シロフフユエダシャクではないかと思います。



こちらは♂の方ですね。



これはヒロバトガリエダシャクです。これも昨年は3月12日が初見だったので、今年は10日以上早いことになります。どうも私のマンションだけには春が早くやってきているみたいですね。



この蛾、なんだか分かりませんでした。さて、何でしょう。(追記:通りすがりさんから、クロチャマダラキリガだと教えていただきました。どうも有難うございました



この蛾もよく分からなかったのですが、分からないときはたいてい変化の多いクロテンキリガかなと思っています。(追記:通りすがりさんから、「翅形が細長く見えてスモモっぽいかなという印象ですね。」というコメントをいただきました。私はまだ決断できないのですが・・・



これからはハエです。これはたぶんクロバエ科かなと思います。





次はユスリカですが、それにしても見事な触角ですね。こんなにしなくてはいけないのでしょうか。





この2匹は共にタマバエでしょうね。最近、タマバエが少し分かるようになってきました。もちろん、科までですが・・・。タマバエの翅はいつも干渉で綺麗に光って見えます。翅が薄いのでしょうか。





そういうとノミバエの翅も綺麗に見えることがありますね。最近、ノミバエも分かるようになってきました。まだ科だけですが、小さなハエが分かるようになるとちょっと嬉しいですね。

今日は図書館に行って、青木淳一著、「ホソカタムシの誘惑ー日本産ホソカタムシ全種の図説」(東海大学出版会、2009)という本を見つけ、全種というのに惹かれて借りてきました。新書版よりちょっと大きめのまったく普通の装丁の本なのに、ホソカタムシという名前を本のタイトルに出すとは・・・。ちょっとマニアックで、面白そうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

アブラムシ亜科でしょうが、名前にヒゲナガと付くかは分かりません。
ヒゲナガアブラムシと比べると触角が短いと思うのですが、ヒゲナガアブラムシ族もいろいろなので…

不明蛾はクロチャマダラキリガ、クロテン?は翅形が細長く見えてスモモっぽいかなという印象ですね。

No title

通りすがりさん、コメント有難うございました。

アブラムシは何を調べたらよいのか分からなくて、今のところまったくお手上げです。ちょっと面白そうではあるのですが・・・。

クロチャマダラキリガ、確かに亜外縁線はよく一致していますね。どうもありがとうございました。スモモキリガですかぁ。ちょっと分かりませんね。最近、ハエをやり過ぎたのか、蛾を見ても名前がなかなか出てこなくなってきました。

No title

アブラムシはプレパラート標本前提だった気が…
800種ほどだったと思いますが、外見ではホストに居ないと推測すら難しいものが殆どですね。

スモモキリガ?としたのは、翅が長く見えているのと、色、翅端近くの紋ですけど、翅形は見る角度によっても違って見えるんで、最終的な判断は撮影者にしかできません。

No title

アブラムシも調べてみようと思ったのですが、「日本原色アブラムシ図鑑」は高いし、アブラムシの講座も「植物防疫」という雑誌で手に入らないし、バリアがだいぶ高くなりました。せめて、写真だけでもと思って毒ビンを見たら、捕まえていたはずの虫も見つかりません。今回は諦めです。でも、害虫なので情報は多そうです。

蛾は高い窓枠の隅に止まっていたので、撮影者も判断できなくて・・・(汗)。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ