FC2ブログ

廊下のむし探検 カメムシ、アケビコノハなど

廊下のむし探検 第437弾

11月も後半になってきたのに、虫は少なくなるどころか、ますます出てきました。昨日の「廊下のむし探検」の結果です。



この日の最初は、いつもいるこのクヌギカメムシです。これまで採集した種がほとんどヘラクヌギカメムシだったので、いつもヘラクヌギカメムシだと言っていたのですが、この日はたまたま翅をブルブルと震わせました。



その瞬間、生殖器の突起がちょうど写りました。



先端がへらのように平らなのでヘラクヌギで合っているようですね。



アオモンツノカメムシはこの日は2匹いました。



これはアオクサカメムシだと思います。やはり、カメムシはいろいろいますね。



ウスイロアシブトケバエらしき個体はやはり♀だけ。♂の姿がなかなか見つかりません。



これはニクバエなのかな。写真だけだとなかなかハエが分かりません。



ミツバチはちょうど後翅が写っていました。以前、後翅の翅脈からセイヨウミツバチかニホンミツバチかが区別できると教わったので、早速見てみました。これはセイヨウミツバチのようです。



ゴミムシの名前はなかなか分かりません。





ヒメツチハンミョウはこの日、♀が1匹だけでした。



蛾ではアケビコノハが廊下の天井に止まっていました。ずいぶん大きいですね。私は大きい蛾はどうも苦手です。



これも大型の蛾です。たぶん、オオシマカラスヨトウだと思いますが、似た種がいてはっきりしません。



これはテンスジキリガかな。(追記:内横線が波打っているように見えるので、カシワオビキリガかもしれません



これはカシワキボシキリガ



そして、イチジクキンウワバ



それに、ワモンノメイガです。



最後はこの蛾です。独特の下唇鬚、3つの黒点、まだらな縁毛、それに、角の丸い翅型。いろいろと特徴があるのですが、名前が分かりませんでした。残念!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

アオクサカメムシは見なくなっちゃいましたね。
今は緑のカメムシと言えばツヤアオカメムシとチャバネアオカメムシです。
昔は普通種だった筈なのに…

No title

マンションではときどきしか見ません。この日もツヤアオかなと思ったのですが、艶がないなぁと思ったらアオクサでした。外ではよく見るのですが・・・。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ