FC2ブログ

廊下のむし探検 ツチハンミョウ、ヒメヤママユなど

廊下のむし探検 第418弾

今日の「廊下のむし探検」の結果です。数はそれほど多くはなかったのですが、名前調べの難しい種が多かったです。まだ、分からないものもいるのですが、とりあえず出すことにします。



今日の最初はこの虫です。マンションの外壁に止まっていました。体長9.2mm。かなり小さいですが、ツチハンミョウです。昨年は10月30日に初めて見ているので、今年はちょっと早目です。この辺で見られる種類としては、ヒメツチハンミョウとキュウシュウツチハンミョウがいるので、いつものように触角を調べてみました。





触角の途中にこんな塊のあるのは♂の方です。触角第1節と第2~4節の長さの和を比較して、ほぼ同じならばヒメ、第1節のほうが明らかに短ければキュウシュウということになっています。上の写真では明らかに短いです。また、第7節が心臓形はヒメ、腎臓形はキュウシュウです。写真ではあまりはっきりとは分かりませんが、少なくとも心臓形ではなさそうです。ということで、どうやらキュウシュウツチハンミョウのようです。キュウシュウを見たのは初めてです。



これはヤサイゾウムシです。ブラジル原産の外来種で、野菜の害虫です。



フタモンクサカゲロウのようですが、小腮鬚と下唇肢が部分的に黒いこと、触角の柄節の外側が褐色になっている点、胸部の側辺の模様などが違います。というので、どうやらフタモンではなさそうです。早速、塚口茂彦著"Chrysopidae of Japan (Insecta, Neuroptera)"(1995)の検索表を使って、検索をしてみました。その結果、ニセコガタクサカゲロウ属のクロヒゲフタモンクサカゲロウにたどり着きました。(追記:口肢が強く色づくというところから、クロヒゲフタモンを選んだのですが、頬の模様はむしろミナミクサカゲロウに似ています。ミナミの説明を読むと、小腮鬚第3節の基部側面が色づくというので、ひょっとしたらミナミの方かもしれません。ただ、分布は鹿児島、沖縄なので合わないのですが。もう少し検討してみます)(追記:上記の本の説明を詳細に見てみました。口肢の色、頬の紋の位置、翅脈の色など、ほとんどクロヒゲフタモンと一致します。おそらく、クロヒゲフタモンクサカゲロウでよいのではないかと思っています



これはアメバチの仲間です。中胸背に目立った模様がありません。これも以前用いた検索表を用いて調べてみました。結局、オオアメバチではないかというところです。



これはアオバハゴロモですね。



それにオオホシカメムシです。

蛾もいろいろといました。



壁にかけてある消火器の裏にいました。ヒメヤママユです。よく見ないと分からないようなところに潜んでいますね。昨年は10/15と10/22に見ていました。ちょうど今頃なのですね。



これはワイギンモンウワバです。銀色の模様がY字型なので付けられた名前でしょうね。昔は普通に見られたのですが、どういうわけか「廊下のむし探検」初登場です。



こちらは以前から見ているニジオビベニアツバです。



これはいつものエゾギクトリバです。



そして、これはまた別の種です。翅の中央部分の下に大きな黒い三角形が見えています。これは第3羽状翅の先端に付いている鱗粉塊です。この特徴からおそらくブドウトリバだなと思うのですが、後胸背面の白い部分があまり顕著ではありません。ひょっとすると、イッシキブドウトリバの方かもしれません。



翅の模様はパッとしないのですが、縁毛が薄茶色だったり、触角の先端が白かったり、立派な下唇鬚があったりと、何となく魅力的な種です。でも、図鑑を何度見ても見つかりません。



最後はクモですが、これも名前が分かりませんでした。名前調べは結構大変ですね。

追記:今日は写真がちょっとスランプでした。最初のツチハンミョウの写真、触角に一様にピントが合うように撮るのに、実に40枚も撮るはめになってしまいました。オートフォーカスだとどうしても背景や脚に合ってしまうし、マニュアルフォーカスだと対象が小さ過ぎて合っているかどうかも分からないし・・・。結局、3度も出直して撮影しました。それから、クサカゲロウの顔の拡大写真がまったくうまくいきません。実体顕微鏡下、深度合成の方法で撮影しているのですが、背景との境界部分が汚くなってしまい、特に口肢の部分がよく見えなくなってしまいます。背景を変えたり、照明を変化させたりして、何度も撮り直しているのですが・・・

今日はその他に地域の文化祭の展示のために、カメムシを標本にして標本箱に入れました。特に、標本にしようと思って捕まえていたわけではなかったのですが、何となくたまっていたものを整理したのです。だから展足などはしていないのですが、全部で60匹もあってなかなか大変な作業でした。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツチハンミョウの仲間は探してるのに見付からないんで、多く見られるそちらが羨ましいです。
それにしても、そんなに小さなツチハンミョウが居るとは驚きです。

クサカゲロウはミナミクサカゲロウかも知れないです。
大平洋側なら、北上しているか、台風で迷クサカゲロウ?になっていてもおかしくありませんね。
去年見付けたクロヒゲフタモンクサカゲロウは
、小腮鬚の黒い部分こそほぼ同じ
ですが、もっとはっきりと真っ黒で、下唇鬚も先端節だけでなく2節目の外側も黒いです。
顔面の紋も2つの紋から前方に伸びる紋が(薄くても)あり、触角基部の側面も白かったです。

No title

ツチハンミョウ、なぜか毎年マンションでは見られますね。おそらく、近くの林から歩いてきていると思うのですが、なぜわざわざマンションの壁を登りに来るのかよく分かりません。昨年はお見合いの場所じゃないかと思ったのですが、さて、どうでしょう。

クサカゲロウ、通りすがりさんにそう言われるとすっかり自信をなくしてしまいました。ミナミとクロヒゲフタモンの特徴をまとめてみましたので、そのうち報告しますね。いずれにしても、いろいろな種類のクサカゲロウがマンションに来ているみたいです。

No title

ツチハンミョウの生態ゆえに集まるのか、近くで繁殖して単に個体数が多いのか、日当たりの関係か…
習性や生態なんかをあれこれ考えてみるのも面白いですね。

クサカゲロウは、あくまで『かも知れない』ですから。
変異の幅もあるでしょうし、重要なポイントが何処かということも今一つなんで。

No title

ツチハンミョウ、いる場所はほとんどいつも同じで、マンション北側の壁です。すぐ前は芝生の斜面になっていて、林は少し離れたところにあります。今回も同じ場所でした。♂が単独でいるときもあれば、♀が単独でいることもあります。いつも、壁をゆっくり登っているか、止まってじっとしていることが多いです。他では見たことがないので、ツチハンミョウ、どこで見つかるかと聞かれれば、マンションの壁としか答えようがないです(笑)。

クサカゲロウもいろいろと変異の幅が広そうで、なかなか一筋縄ではいかないかもしれません。でも、地道に調べていきます。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ