fc2ブログ

廊下のむし探検 台風直前の虫

廊下のむし探検 第412弾

台風19号が接近している大阪からの「廊下のむし探検」です。今日は台風が来るというので、午前中にマンションの廊下を歩いてみました。ひょっとして台風を避けて来ている虫でもいるかなと思ったからです。



今日の最初はこの蛾です。大変、派手な模様です。似た種もあるのですが、翅の前縁が黒くないので、シラオビアカガネヨトウだと思います。もし、前縁が黒いならば、マエグロシラオビアカガネヨトウというやけに長い名前の蛾になったのですが・・・。図鑑によると発生時期が6-8月というのでだいぶずれていますね。(追記:通りすがりさんから、発生時期については生態が把握しきれていない可能性があるというコメントをいただきました。MSWiさんからは、翅の前縁部分を折りたたんでいるので、背側からの写真では区別点の部分が見えない。したがって、時期の合っているマエグロの方かもしれないというコメントをいただきました。写真では確かに前縁の部分が見えていません。これは失敗撮影でしたね



こういう模様のはっきりしない蛾が最近多いですね。オオバコヤガあたりかなと思うのですが、よく分かりません。



ヒメノコメエダシャクがまたいました。今度は左側に傾いていて、腹は左に曲がっています。やはり重力の方向に曲がるのかもしれませんね。でも、あえて斜めに止まるのはそれを意識したのかもしれません。遠くから見た時は蛾だとは思わず、枯れ葉かなと思ってしまいました。やはり、星谷 仁さんの左右非対称にして、天敵の目をくらますという説は合っているかも・・・。



これはシロオビノメイガですね。



相変わらず、地下駐車場にはガガンボがいっぱい。その他に、ムラサキトガリバも3匹いました。



小さいのであまり熱心に撮影しなかったら、実は、変わった形をしていますね。トビケラの仲間でしょうか。



これはベッコウハゴロモですね。



すっかり普通種になってしまったマツヘリカメムシが今日もいました。この日だけで2匹。本当に多いですね。



ツヤアオカメムシもたくさんいます。



顔を見てみると、これはスズキクサカゲロウのようです。どうやら数種のクサカゲロウが来ているようですね。



カネタタキは台風でも避けているのでしょうか。こんな格好でじっとしています。



最後は毛虫です。蛾類幼虫図鑑で見たのですが、残念ながら分かりませんでした。(追記:通りすがりさんから、セスジヒトリの幼虫かもしれないというコメントをいただきました。「標準図鑑」を見ると、近畿、四国北部、熊本などの都市近郊で見つかっているので、国外からの侵入種の可能性があるということです

外では風がゴウゴウと音を立てています。もうすぐ、大阪に台風がやってくるのですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

白い壁にアカガネヨトウでは目立ちますね。
出現時期が合わないものは今までに何種か見てますが、生態が把握しきれていないものも多いので、合っているんだと思います。

最後の幼虫はセスジヒトリ?

No title

カネタタキ、声はいいのですが見た目がちょっとグロテスクですね。
シロアリの親玉のような(笑)

シラオビアカガネヨトウ…困ったことに、こいつは翅の前縁部を軽く丸めて止まる時があります。
これはマエグロの方にも共通する習性です。
つまりこの蛾を背中側から撮影した場合、肝心の前翅前縁が写らない場合があるという事ですね。
この個体も良く見ればしっかり翅を丸めて肝心の区別点を隠してしまっています。
横からのカットなどがあればどちらかはっきりすると思うのですが…。
ちなみに時期から判断するとマエグロの方です。本家シラオビは秋には見られませんが、こっちは10月頃まで見られます。

No title

通りすがりさん、コメント有難うございました。

○○アカガネヨトウ、確かに、台風前の暗い天気の中でもよく目立ちました。MSWiさんが言われるように、横からも撮影したらよかったですね。今日もまだいるかな。

セスジヒトリ、聞きなれない名前だなと思ったのですが、ネットで画像検索すると似た種が出てきました。蛾類幼虫図鑑にも載っていないし、日本産幼虫図鑑にも載っていないし、みなさん、どうやって調べているのか不思議になりました。

No title

MSWiさん、コメント有難うございます。

おっしゃる通りですね。図鑑と見比べると、確かに、前縁の部分が写っていませんね。これは失敗でしたね。今日、もう一度撮影に行ってみますが、もういないかな。記録を見ると、マエグロは、昔、4月と10月に採集していて標本があるはずなのですが、台風のため、ベランダに置いてあった植木鉢が標本箱入れの前に並べられて扉が開きません。後でもう一度見てみます。どうも適切なコメント有難うございました。

No title

なるほど、アカガネヨトウの仲間は前縁部を丸めてしまうから、あの独特なスタイルになるんですね。
今年、初めてアカガネヨトウを見付けたんですが、改めて横からの画像を見てみたら折り曲げられた部分が見えてました。
詳しい人の意見というのはありがたいものですね。

鱗翅目の場合、幼虫を飼育してるアマチュアの方も多いので、そういったサイトやブログをチェックすると目星がつくものもあります。

No title

そうですね。アカガネヨトウは写真を正面しか撮らなかったので、失敗でした。翌日行ったのですが、もういなくなっていました。でも、これまでにマンションで採集した個体がマエグロばかりだったので、今度もそうかもしれません。

毛虫も図鑑に載っていると調べてみたくなるのですが、載っていないとどうしても無視したくなります(笑)。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ