FC2ブログ

廊下のむし探検 ヤモリがいるよ

廊下のむし探検 第400弾

マンションの玄関のインターホンが鳴るので出てみると、「ヤモリがいるよ。」という声。いつもの掃除のおばさんです。



早速行ってみると、廊下の壁の隙間に小さなニホンヤモリがいました。



顔を拡大するとこんな感じです。全身が鱗が覆われているので、やはり爬虫類ですね。目は細く開いているのでしょうか。それにしても、今年はよくヤモリを見ますね。それまであまりいないと思っていたのですが。

この日は名前調べがたまっているので、「廊下のむし探検」は休みにしようと思っていたのですが、ついでに歩いてみることにしました。



最近はこのサビマダラオオホソカタムシを多く見ますね。この日も2匹見ました。



オオトビサシガメもよく見るようになりました。



なかなか格好のよいハチなのですが、またもや名前が分かりません。ハチはどうやって調べたらよいのやら。



これはハエの仲間です。なかなか変わった翅脈をしているので、それを手がかりに探してみました。DrawWingという面白いサイトがあるのですが、ここから同じような翅脈のものを探してみると、キノコバエ科ヒゲタケカ属にたどり着きました。合っているかどうか分かりませんが・・・。(追記:通りすがりさんから、「ヒゲタケカは以前は独立した科でしたが、今は特徴的なキノコバエ科の属という分類になってますね。」というコメントをいただきました



天井に止まっていたのですが、脚の色から、チラカゲロウの亜成虫のようです。



これはマダラスズですね。(追記:これは♀で、翅が短いですね。ネット情報によると、♂には長翅型と短翅型があって、♀は翅が短いようです



こちらはドクガです。モンシロドクガといいます。普通、黄色の蛾は毒毛を持っていることが多いのですが、この蛾は白いのですが、♀は毒毛を持っているので要注意です。



こちらはウチジロマイマイというドクガの仲間ですが、これは毒毛を持っていません。



目立たない色ですが、これも蛾の仲間です。チャオビチビコケガというヒトリガの仲間です。



この蛾の名前調べにはちょっと苦しみました。色は薄いのですが、たぶん、オオタバコガかなと思っています。(追記:通りすがりさんから、オオタバコガとタバコガの区別には後翅を見ないと・・・というコメントをいただきました。この写真からでは区別はちょっと難しそうです



こちらはヒメツバメアオシャク



それに、ネグロシマメイガ



そして、最後はヤマトカギバです。

これでやっと昨日の分が終わりました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

千葉ではヤモリが多いと言いましたが、増えたのはここ数年だと思います。
そちらも増えているのかもしれませんね。

ヒゲタケカは以前は独立した科でしたが、今は特徴的なキノコバエ科の属という分類になってますね。
翅に斑紋のあるものを1度だけ見付けましたが、変わったものを見付けたというお得感を味わえる?双翅ですね(笑)

タバコガとオオタバコガは後翅が見えないと…
オオタバコガは幼虫も成虫も探さなくても毎日見ますが、タバコガの方は未だ未見です。
どんなに似ていても生態が違う別種なんですよね。

No title

ヤモリは今年、やけに見ました。増えているのかなぁ。私にとっては、ヤモリはトカゲと一緒で、まだ可愛いというところまではいっていません。

この写真の個体はヒゲタケカで合っているのかな。かなり変わった翅脈なので、ちょっと調べて見る気になりました。双翅目はそういう楽しみがありますね。

オオタバコガ、あまり考えずに名前を付けてしまいました。図鑑を見るとタバコガと確かによく似ています。この写真では何とも言えませんね。どうもご指摘有難うございました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ