FC2ブログ

廊下のむし探検 ハラビロカマキリ、ケバエなど

廊下のむし探検 第390弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。だんだん秋らしくなっていきますが、廊下のむしはそこそこ登場しています。この日の最初はカマキリからです。



いろいろなカマキリがいる中で、安心して名前を言えるカマキリがこのハラビロカマキリです。翅に白い紋があるのですぐに分かります。この日は廊下の手すりの外側にいたのですが、カメラを向けたらちょうどよいポーズをとってくれました。お陰で脚に白い点のあることがよく分かりました。カマキリの場合、この白い点のある部分が脚の基節、その先が腿節で、鎌の部分が脛節、跗節になります。



胸の赤いケバエがいました。絵合わせから、ヒメセアカケバエ♂だなと思ったのですが、実際、この写真から翅脈が少し見えるので、検索を行っていくと、確かにヒメセアカケバエにたどり着きます。また、腹の先端に交尾器の一部が見えていますが、これも合っていそうです。ケバエではこれまで、Bibio属、Plecia属を調べてきました。このケバエはPenthetria属なので、これはちょうどいいと思って採集しました。今度、調べてみます。



ガガンボは今のところ手付かずですが、絵合わせから、キリウジガガンボ辺りかなと思います。





窓ガラスにスズメバチが来ていました。腹部の先端が黒いので、ヒメスズメバチでしょうね。



テントウムシにそっくりのウンカだと思って、初めは驚いたのですが、見始めると次々に見ますね。キボシマルウンカです。



これはこの間から見ているユミアシゴミムシダマシだと思います。





廊下の手すりの縁に止まっていて、なかなか写真が写せないので、手前に持ってきました。そうしたら、死んだふりなのか、じっとして動かなくなりました。あまりはっきりとは分からないのですが、ジュンサイハムシではないかと思います。ジュンサイ、ヒシなどの水生植物を食べるようです。



これはマダラスズの幼虫ですね。



ヤガタアリグモ、また、撮ってしまいました。今度も何か食べています。



何か分からなかったので、とりあえず撮ってみたらこんな小さなクモでした。模様から、いつものネコハグモのようです。

蛾は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハラビロは似たものが居ないので分かり易いカマキリですよね。
水場に近いものにはハリガネムシが入ってることがある様ですが、幸いにも見たことはありません(笑)

ヒメスズメバチはオスじゃないですか?
もう秋ですね。
今年はスズメバチ類のオスの手乗りにチャレンジしようかなあ。
毎年思うだけでビビってやりませんが(笑)

No title

ハラビロは私が唯一安心して名前が言えるカマキリですね。小さい時にはカマキリを捕まえて、ハリガネムシもよく見たという記憶がありますが、最近はちょっと苦手な部類に入っていて、写真だけにしています。

スズメバチの♂♀の区別はよくわかりません。それにしても、手乗りはあまりにも無謀という感じがしますよ。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ