FC2ブログ

ウスキツバメエダシャクの蛍光(つづき)

ウスキツバメエダシャクの蛍光について、もう少し実験をしてみました。今日は、翅の一部を切り取って、鱗粉を顕微鏡で見たことと、紫外の光源を変えて蛍光スペクトルを測定してみたことです。

翅の一部をスライドグラスの上でちょっとこすって鱗粉を落とし、実体顕微鏡で観察しました。





左側が透過照明で、右側はUV-LED照明によるものです。紫外光で照明すると、満天の星を見るようで大変綺麗でした。





上の写真のうち、ほぼ同じ領域を切り取ってみたのですが、よく光る鱗粉とほとんど光らない鱗粉が共存していることが分かります。光る鱗粉でも中心の軸辺りが特に光っています。もう少し拡大してみたいですね。

次は、ウスキツバメエダシャクの蛍光を、紫外の光源を変えながら手作り分光器で観察してみました。


上からブラックライト、UV-LED、それに一番下はUV-LEDにU-360のフィルターを入れたものです。U-360のフィルターを入れると、光源と蛍光との切れが良くなることが分かります。左すみにうっすら赤く見えているのは光源の波長の2倍のところに出てくる2次光で、実際の光ではありません。



これを例によって、スペクトルに直し、40Wの白熱電球とプランクの輻射公式を使って、補正したものが上の図です。まず気が付くのは3つの光源で、ほとんど同じ形の蛍光スペクトルが得られていることです。蛍光スペクトルは緑を中心にして、青から黄色にかけて広がっています。xで書いたところはカメラの感度が急激に変化するため、補正がうまくいっていないところです。また、ブラックライト(BL)の場合は水銀の輝線が2本見えています。

チョウの翅で、このように緑付近に蛍光を放つ色素にはいくつか知られています。例えば、有名な色素ではプテリンと呼ばれる色素です。この色素はチョウの翅から初めに得られたので、Lepidopterinと呼ばれていたのですが、最後のpterinだけが名前として残ったものです。1943年にPieris napi(エゾスジグロシロチョウ)を215,000匹(重さにして1.164kg)を集めて,、それから39.1gの色素を抽出したのは有名な話です。この色素は、今では、ロイコプテリンと呼ばれています。このほかにも、キサントプテリンなどいくつかのプテリンが知られています。これらはみな可視域に蛍光を発します。

ウスキツバメエダシャクの蛍光物質は何かというのを確かめるには、数を捕まえて、クロマトグラフィーを使って調べていかないといけないので、ちょっとバリアがありますね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ