fc2ブログ

廊下のむし探検 バッタが多い

廊下のむし探検 第364弾

この間から、近くの土手の草刈りをしているからかどうか分かりませんが、マンションの廊下には最近バッタの仲間がたくさん来ています。昨日はこんなバッタが来ていました。



たぶん、クルマバッタモドキだと思います。土手とは100mほど離れているのですが、そこから飛んできたのでしょうか。



いつものクビキリギスかなと思ったのですが、顔のところがちょっと違います。その部分を拡大してみます。



先の尖り方が鈍く、白い線が先端だけですね。図鑑で調べてみると、クサキリのようです。クルマバッタモドキもクサキリも「廊下のむし探検」初登場です。(追記:通りすがりさんから、クサキリの近似種についてのコメントがありました。調べてみると、確かに厄介です。オオクサキリは分布が違うとして除いたとしても、ヒメクサキリとクサキリの違いが微妙です。「大図鑑」には、ヒメは頭頂が細長く突出し、突出部は複眼間の幅より長いとあります。また、「生態図鑑」には、ヒメでは翅端がやや尖るとあります。Wikipediaには「ヒメは後脚脛節の褐色部分が少なく色が薄い」となっています。この写真を見ると、突出部は複眼幅よりは短かそうですが、翅端はやや尖り、後脚脛節は褐色が薄いので、結局、よく分かりません。とりあえず、クサキリとしておきましょう





コオロギも最近良く見るようになりました。目と目の間に白い線があるので、多分、オカメコオロギの仲間ですね。産卵管があるから♀で、しかも長い翅があるので、最近、羽化した個体でしょうね。これだけ分かっても、名前の方は残念ながら分かりません。



こちらの方はカネタタキ♂の幼虫のようです。



甲虫はこのハムシだけでした。これはおそらく、スジカミナリハムシではないかと思います。



クモもいろいろといました。これはサツマノミダマシですね。



名前調べに時間がかかったのはこのクモでした。「日本のクモ」を何回見直しても見当たりません。おそらく、コモリグモの幼体だと思われるのですが・・・。何となく、色合いはカガリビコモリグモに似ているような気がしますが、やはり違うでしょうね。



こちらのクモも名前が分かりませんでした。アシナガグモの幼体かなと思うのですが、クモの名前調べは本当に難しいですね。



最後はヤスデです。ヤスデも拡大してみると、意外に整然とした美しさがありますが、名前は何を調べてよいのかさっぱり分かりません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

草刈りで身を隠す場所が無くなると、目にする機会が多くなりますが、単純に餌が極端に少なくなるんで、新天地を求めた移動もあるんでしょうね。

クサキリは夜に1度見たことがあるだけで、近似種との見分けがよく分からなかった覚えがあります。

カネタタキは目立たないですが、住宅街でも普通に見られるバッタですね。
日中は隠れてるし、鳴き声も小さいんであまり気にも留めてもらってない様ですが。

No title

クサキリ、確かに厄介ですね。オオクサキリは分布が違うとして除いたとしても、ヒメクサキリとクサキリの違いが微妙です。「大図鑑」には、ヒメは頭頂が細長く突出し、突出部は複眼間の幅より長いとあります。また、「生態図鑑」には、ヒメでは翅端はややとがるとあります。Wikipediaには「ヒメは後脚脛節の褐色部分が少なく色が薄い」となっています。写真を見ると、突出部は複眼幅よりは短いですが、翅端はややとがり、後脚脛節は褐色が薄いので、結局、よく分かりません。これもやはり数を見ないと分からないのでしょうね。

No title

いつものお散歩コース相模川の河川敷でもバッタが多いです
直翅目にはあまり興味がなかったですが真剣に調べてみようかなと思ったりして
最近、最寄駅の海老名、厚木どちらの駅でも駅のホームでマツムシの鳴き声を聞けることに気づきました。

No title

山猫さん、こんばんは。
私もバッタは苦手だったのですが、マンションにやってくるので、仕方なく調べていたら、だんだん慣れてきました。蛾も難しいですが、バッタも難しいですね。この間、図書館に「大図鑑」を見に行ったのですが、あまりにマニアックな内容なので驚きました。

マツムシの鳴き声、Youtubeで聞いてみました。綺麗な声ですね。こんな声が近くで聴こえるなんて羨ましいです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ