fc2ブログ

廊下のむし探検 台風後も虫は少なかった

廊下のむし探検 第351弾

台風11号が過ぎ去り、ひょっとして南方系の虫が風に乗ってやってきているのではと期待して、朝、早めにマンションの廊下を歩いてみました。結果は、特に珍しい種はいなくて、また、虫も少なめでした。



まずはドクガからです。これまで黄色の蛾はご用心と何度か書いてきたのですが、そのときはたいていゴマダラドクガかチャドクガでした。この蛾はこれらよりちょっと大きめで、本家本元のドクガです。マンションではあまり数は多くないのですが、時々見ます。「大図鑑」には、「♀が家屋内に侵入し、電灯の笠や壁にぶつかったとき尾毛に付着した幼虫時の多数の毒針毛が飛び散り、皮膚にささって被害の出ることがある。」と書いてあります。夏が発生時期なので、ご用心を。なお、幼虫は雑食性で、サクラ、バラ、キイチゴ、コナラ属、カキなどを食するそうです。



こちらは清楚な感じですが、ヤマトカギバです。



小さい蛾です。はっきりした模様で、最初はコブガかなと思ったのですが、コヤガの方でした。ヒメネジロコヤガです。



よく見るヒメシャクで、キオビベニヒメシャクといいます。



これも時々見ます。地下駐車場の天井に止まっていました。ネグロシマメイガです。



模様がはっきりしないので何だろうと思ったのですが、ネットで検索していて見つかりました。ヒメハナダカノメイガです。以前、誤ってハイイロホソバノメイガとしていたことがあったのですが、ノメイガの中では珍しく触角を前に伸ばして止まるのが特徴です。これまで何度か見ています。

次からは蛾以外のむしです。



黒い塊なのですが、「鼻」が長いのでゾウムシの仲間だと分かります。図鑑でゾウムシのところを何度か見て、やっとクロコブゾウムシにたどり着きました。合っているかどうかは分かりません。翅の筋がはっきりせず、不規則な瘤が並んでいるような感じです。



この日、唯一の大型昆虫でした。カナブンです。



翅が茶色なのでチャバネアオカメムシかなと思ったのですが、前胸背の二つの大きな黒い紋が気になりました。チャバネアオカメムシ属は日本に3種、ルリ、チャバネアオ、ヒメチャバネアオがいますが、いずれもこんな模様はありません。図鑑やネットを何度か見たのですが、同じような模様の個体は見つかりませんでした。ということで、たぶんチャバネアオカメムシでよいのではないかと思います。おそらく、個体変異か何らかの理由で死後黒化したのではと思っています。



マンションの外壁に小さなヨコヅナサシガメの幼虫が何匹かついています。よく見ると、こんな風に虫の体液を吸っている姿が見られます。先日はチャタテムシだったのですが、今回はアリの仲間です。



首の後ろに強度的に弱いところがあるのでしょうね。先日のチャタテもこの写真のように同じ場所に口吻をさしていました。



こちらもカメムシ目の仲間ですが、ベッコウハゴロモです。



また、クサカゲロウがいました。触角の長さが翅の長さより明らかに短いことが分かりますね。



また、例によって顔を拡大してみます。この模様からヤマトクサカゲロウだと思われます。これも採集してきたので、今度、顕微鏡で特徴を調べてみたいと思います。



以前はベッコウガガンボだと思っていたのですが、翅の模様が違います。ネットで調べて、ホリカワクシヒゲガガンボかなと思っていますが、近似種がいるのかどうかは分かりません。



最後はこのクモです。銀色が何とも言えず綺麗です。シロカネイソウロウグモといいます。「シロカネ」は銀を意味するのですが、シロカネと言われるとどうも銀色という感じがしません。「イソウロウ」については、「日本のクモ」によると、「他のクモの網の中に侵入して、網の主が捕らえた獲物を盗み食いしたり、網にかかった小昆虫を食べる。(中略)ジョロウグモの網に70個体いた記録がある。」とのことです。「イソウロウ」という意味も分かりますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日は 残念でしたね。でも 近日 珍しい虫がやってくるかも ?ですね !

あれ?虫の名前が 太字になりとても見易くなりました 。まさしく イソウロウの名前にふさわしい名前の蜘蛛ですね。

No title

そうですね。思ったより、虫が少なかったです。まぁ、こんなこともあるでしょう。

気がつかれなかったかもしれませんが、太字は以前からですよ。他人(くも)の網に70匹もいたなんて呆れますね。ジョロウグモは追い出したりはしないのでしょうか。鷹揚ですね。

No title

あっ!・・・す、すみません ( 泣 )
廊下の虫さん !(◎_◎;)

私、ますます 老眼が 進んだのでしょうか ・・・( 涙 )

No title

有毒ドクガの仲間は恐怖ですね。
生涯有毒で、抜けたり折れた毛でも毒性が失われないってのも凄いですね。

カメムシは寄生されてたか、何者かに吸われたか、病気などで死因になった可能性もありそうですね。

このクサカゲロウはヤマトクサカゲロウに見えますね。

No title

ドクガは私も嫌ですね。その割りに、マンションにはたくさんやってきます。以前、手袋とマスクをして、針とピンセットだけで展翅を行いました(笑)。

カメムシはやはり異常ですか。初め、別種かなと思って勇んで図鑑を探し回ったのですが・・・。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ