fc2ブログ

廊下のむし探検 廊下にツバメが

廊下のむし探検 第338弾

掃除のおばさんが、ほらっと指さした方向を見ると、ツバメが二羽止まっていました。



コシアカツバメです。二羽とも口に泥をくわえています。「でも、ここの壁には土がつかないから」と言うので、見上げてみると、



どうやら巣作りをしているようです。今頃?と思ったのですが、2回目の巣作りをするつもりでしょうか。私がいなくなるのをじっと待っているようです。でも、巣の下には泥がいっぱい落ちているので、掃除のおばさんが気にするのも無理ありません。

この日もいろいろな虫がいました。まずはバッタからです。



眼がちょっと飛び出しているので、ニセハネナガヒシバッタかなと思います。



こちらはマダラスズでしょうね。



チャタテがいました。最近はチャタテがよく目に入ります。これはウロコチャタテですね。



この薄茶色のチャタテはまだ名前が分かりません。



そのチャタテもサシガメの赤ちゃんにやられています。ネットで調べると、このサシガメはヨコヅナサシガメのようです。



キイロカワカゲロウの亜成虫ですね。綺麗に撮れたので、載せておきます。



目の模様から判断すると、シロタニガワカゲロウですね。尾の先についているのは卵のようですが・・・。



これは何か分かりますか?ちょっと見ると、ネズミの仲間のようですが、触角を見ると、蛾だと分かります。これはヒメクロイラガですね。いつもは下唇鬚を前に出しているのですぐに分かりますが、こんな格好で止まっているのを見るのは初めてです。



面白い模様ですね。これはキベリチビコケガです。昨年も見ました。



名前の分かりにくい種ですが、綺麗に撮れたので載せておきます。外横線が折れ曲がっているので、ヒメアカウスグロノメイガかなと思うのですが、ほとんど根拠はありません。



ちょっと黒っぽいのですが、模様は似ているので、ハイイロホソバノメイガかなと思います。(追記:ヒメハナダカノメイガです。触角を前に伸ばしているの特徴です



こちらはヒメマダラミズメイガです。夏にいっぱい出てきます。



これも分かりにくい種ですが、おそらくホソバヤマメイガです。



次はこのエダシャクです。おそらくヨモギエダシャクではないかと思います。



ちょっと小型だったので、コフサヤガかなと思ったのですが、この写真ではフサヤガとの区別がつかないですね。



これはオオゾウムシですね。



最後はこのコガネです。以前見たキラチャイロコガネかなと思ったのですが、少し違うような気がして、よく分かりませんでした。(追記:通りすがりさんから、「頭盾の点刻と前脚脛節からビロウドコガネ?」というコメントをいただきました
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうか、泥が付かない壁だから放棄されて泥が落ちてるのか。
どこか良い場所を見付けてくれるといいのですが…

目の大きなヒシバッタ、可愛いですね。
ヒシバッタの仲間は、身近なのにあまり生態も分かってなかった気がするけど、種もよく分かりません…
地味でパッと見では属すら分からないですし、なかなか捕獲しようという気にもなれません。

可愛いネズミは幼虫にしか出会ってないので、見付けてみたいですね。

ラストは頭盾の点刻と前脚脛節からビロウドコガネ?

No title

通りすがりさん、お早うございます。

掃除のおばさんによると、泥のつきやすい壁とつきにくい壁があるみたいです。でも、ツバメはその辺が分からなくて、とりあえず泥をつけていくので、下にいっぱい泥が落ちてしまうようです。ツバメからみると、マンションは断崖絶壁の最高の巣作り場所なのでしょうね。

ヒシバッタ、確かになかなか捕まえようという気が起きませんね。小さい図鑑で調べているのですが、本当はこれにもいろいろな種類がいるのでしょうね。いつか調べてみないといけないですが・・・。

ビロウドコガネ、頭盾の点刻と前脚脛節から見分けるのですか。前脚脛節は図鑑と見比べるようにしているのですが、点刻となると難しいですね。やはり少し集めないといけないかな。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ