FC2ブログ

廊下のむし探検 甲虫とカメムシ

廊下のむし探検 第332弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果です。また、掃除のおばさんに会いました。「今日は虫が少ないね」と言うと、「ほらっ」と言って、指差す方向をみるとこんな虫が止まっていました。



「さっきまで飛んでいたよ・・・」。確かに、翅を少し開いています。そう思って近づいていくと、



また、突然、飛び出しました。飛ぶとかなりの大きさを感じます。触角が短いので、おそらく、ニセノコギリカミキリの方でしょうね。



綺麗なコガネです。点刻列がやけにはっきり見えるなという印象です。図鑑で調べてみて、シロテンハナムグリではないかと思いました。



背中と頭にに大きな水滴が載っています。一見、コガネムシの仲間かなと思ったのですが、触角が違うようで、「原色日本甲虫図鑑III」を見ていくと、似た種にぶつかりました。ゴミムシダマシ科です。「前脛節は平圧され、先端へ広がるが、基方内側1/3はえぐられて縮まり・・・」という表現から、ミナミエグリゴミムシダマシの亜種ヤマトエグリゴミムシダマシではないかと思いました。ネットで調べると、和名がオオエグリゴミムシダマシに変わったようです。



クワガタの♀です。私はクワガタの♀はほとんど区別がつきません。ただ、色が暗褐色なこと、上翅に点刻列が見られないことなどから、なんとなくいつものコクワではなくて、ノコギリクワガタかなと思ったのですが、まったく根拠はありません。



また、分かりにくい種が出てきました。何となく、ベニボタル科のハナボタル属(Melaneros)かなと思うのですが、そこから先が進みません。



これは以前もいたヒゲブトハムシダマシでしょうね。



触角第3,4節の長さを見て、クチキムシ科かなと思ったのですが、クチキムシにしては脚が長いような。ちょっと名前が分かりませんでした。(追記:MSWiさんから、セスジナガキマワリゴミムシダマシ科)ではないでしょうかというコメントをいただきました。図鑑と見比べてみると、確かによく似ていますね。どうも有難うございました



アトモンマルケシカミキリ。すっかりお馴染みになってしまいました。でも、意外に小さいカミキリなので、歩いていると見過ごしてしまうかもしれません。



シルエットみたいになってしまいましたが、この間紹介したナガヒラタムシです。



今日はこのカメムシがたくさんいました。前胸がくびれているので、ヒョウタンナガカメムシの仲間で、サビヒョウタンナガカメムシ属だと思われます。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」には検索表が出ていて、それによると、体表面の毛と前腿節の棘で判断するようです。一匹採集してきたので、調べてみると、キベリヒョウタンナガカメムシのようです。今度、部分を拡大した写真を載せてみます。



カスミカメムシです。変な格好で止まっていますが、赤い腿節が見えているのが後脚だと思います。アカスジカスミカメとアカホシカスミカメで迷ったのですが、アカホシカスミカメの方ではないかと思います。



ヒラタカメムシの仲間で、仮にトビイロオオヒラタカメムシとしている個体です。この間から、ヒラタカメムシの検索をしてみようと思っていたのですが、時間がなくてやっていませんでした。ちょっと余裕ができてきたので、今度してみようかな。

蛾とそれ以外の虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ナガヒラタムシはいつ見ても異質な姿をしていると感じます。
背景が白い壁なのもあって、シルエットだけそのまま化石になっていてもあまり違和感を感じませんね。

8枚目の写真にある昆虫はセスジナガキマワリではないでしょうか。、
キマワリにも色々といるようです。

No title

MSWiさん、お早うございます。

本当ですね。白い壁にシルエットになっているので、まるで化石ですね。ほとんど動かないし・・・。この虫、以前は知らなかったのですが、名前を教えていただいてからは良く見るようになりました。

セスジナガキマワリ、どうも有難うございました。図鑑を見直してみるとまさによく似ていますね。お陰で名前調べが少し進み、助かりました。これからもよろしくお願いします。

No title

前胸と触角からニセノコギリカミキリの様ですね。

先日、無印のエグリゴミムシダマシを見付けましたが、特徴があるのか無いのか…(笑)
ゴミダマ類は分からないかもと思っても、コメツキやヒメカゲロウ、ヒシウンカなどよりは分かるものだと思う様になりましたね。

ノコギリクワガタのメスですね。

これは確かにトビイロオオヒラタカメムシ…と思っている個体ですね(笑)
今年はこの属のものを3種見付けましたが、さっぱり分かりませんでした。

No title

ニセノコギリカミキリでよろしいですか。前胸にも違いがあるのですね。私は触角の長さだけで見ていました。

ノコギリクワガタでよいのですね。何となくそんな感じがしていました。

コミムシダマシも少しずつ慣れてきましたが、それでも、甲虫は難しいです。

ヒラタカメムシは4種ほど手元にあるので、なんとなるかなと思っていましたが、検索の最初の方でつまづいていて、なかなか・・・。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ