fc2ブログ

廊下のむし探検 蜘蛛がいっぱいだね

廊下のむし探検 第324弾

朝、廊下を歩いて虫探しをすると、掃除のおじさんやおばさんたちと競争になります。掃除のおじさんやおばさんは床はもちろんのこと、壁や天井についている虫まで、ほうきや先に釘のついた棒で綺麗に取ってしまいます。だから、掃除の後に歩くと、本当に虫1匹もいない綺麗な廊下になっています。

そんな掃除のおばさんが言いました。「蜘蛛がいっぱいだね。ほうきで電気の周りをこすると10匹ほど落ちてくる。」確かに、廊下の壁を見ても小さな蜘蛛がいっぱいついています。



天井も同じかどうかは知りませんが、廊下の壁にはこんな小さな蜘蛛がいっぱいいます。ズグロオニグモです。どれもみな、ちょっとした凹みに体をいれてじっとしています。これが全部大きくなるとマンションは蜘蛛だらけになるでしょうね。



そう思ってよく見ていくと、こんな綺麗なクモもいました。腹が銀色に光っています。腹が大きいので歩き方もよちよちしています。図鑑で調べると、ヒメグモ科のシロカネイソウロウグモのようです。



こんなクモもいました。



脚が長いので、体の部分を拡大するとこんな感じになります。これも図鑑で調べると、アシナガグモ科のウロコアシナガグモのようです。クモは苦手なのですが、まあ綺麗なクモたちですね。

クモ以外の虫です。



廊下の手すりにこんな黒い塊がいてびくっとしました。よく見ると、もっとびくっとしました。ゴキブリですね。ただし、これはオオゴキブリといって、森林性のようです。



天井にはチャバネゴキブリがいました。こちらは家にいるゴキブリです。







こんなアリがたくさんいます。相変わらず名前は分かりません。一度、調べてみたいなと思うのですが、なかなか余裕がありません。



淡い色のカワゲラがいました。カワゲラも今のところ、お手上げ状態です。ハエ目、ハチ目、カワゲラ目、トビケラ目など、お手上げ状態の昆虫がまだまだたくさんいます。



ホシカメムシの仲間です。似た種がいるのですが、昨年調べてみると、フタモンホシカメムシだったので、これもきっとそうでしょう。

次は甲虫です。案外大きな甲虫がいました。



初めはこの甲虫です。こんな甲虫は見たことがないなと思って、図鑑をめくっていると、何となくコカブトムシに似ています。カブトムシに「コ」がつくものがいたなんてまったく知りませんでした。ただし、合っているかどうかは分かりませんが。





これもやや大きな虫です。翅の形からシデムシの仲間だなということはすぐに分かりました。図鑑で調べてみると、オオモモブトシデムシに似ています。触角の先端3節だけが色が茶色に変わっています。過去のデータを調べてみると、昨年も6/30に見ていました。駐車場の床をかなり速い速度で歩いていました。



雰囲気はキマワリの仲間に似ていますが、触角の第3節と4節の長さがほぼ等しいので、ひょっとしたらクチキムシの仲間かなと思って図鑑を見てみました。何となく、ヒメオオクチキムシに似ているような気がしますが、よくは分かりません。



次はカミキリです。これも似たようなカミキリが多くて、名前調べが大変でした。合っているかどうかは分かりませんが、ナガゴマフカミキリではないかと思います。



最後はハムシです。ルリ色のハムシはどれも皆、同じに見えてしまうのですが、これはスジカミナリハムシではないかと思います。自信はまったくありませんが。

甲虫はどれも難しいですねぇ。蛾は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゴキブリはたとえ大人しい種でも、見付けるとビクッとしてしまいますね。

コカブトムシはメスですね。
オスはメスよりも前胸の窪みが大きく、頭部に小さな突起状の角があります。

No title

通りすがりさん、こんにちは。

オオゴキブリ、あまり好きになれませんね。じっとしていて、おとなしそうだったのですが。

こんなカブトムシがいるとは思いもよりませんでした。これはメスですか。一度、オスを見てみたいものです。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ