fc2ブログ

廊下のむし探検 チャタテ、カゲロウなど

廊下のむし探検 第318弾

一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。やはり虫は多かったので、チャタテ、カゲロウあたりから出していきます。この間から、チャタテムシが何となく気になっていたら、この日も見ることができました。





以前にも似たような個体を見たことがあったのですが、翅に太古の昔の人が書き残した文字のような模様があります。何かの暗号かなと思ってしまいますね。この日、チャタテはじっとしてくれなくて、写真を撮っていたら、いきなり飛び立ちました。チャタテが飛ぶのを初めて見ました。決して速くはないのですが、ゆっくりと堅実に進んでいきます。かなり翅を速く動かしている感じで、飛んでいると黒い塊に見えました。この点、同じように触角の長いヒゲナガガがよちよちと飛ぶのとは、だいぶ感じが違いました。

さて、このチャタテの名前ですが、図鑑の図版には載っていなかったので、ネットで探してみると、オオチャタテという名前でたくさんのサイトに出されていました。手元に、富田康弘、芳賀和夫、「日本産チャタテムシ目の目録と検索表」、菅平研報12、35 (1991)(ダウンロード可能)があったので、ちょっと調べてみました。この写真しかないので、触角、小顎鬚、跗節、翅脈などを手がかりにしてみました。最終的にはチャタテ科のオオチャタテ付近にたどり着いたのですが、似た種にクロミャクチャタテというのがあります。



その違いを検索表から読み取ると、

前翅のR2+3脈とR4+5脈は90度、あるいはそれ以上の角をなして分岐する・・・クロミャクチャタテ
前翅のR2+3脈とR4+5脈は60度の角をなして分岐する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オオチャタテ

となります。今回のチャタテの翅脈に名称をつけたのが上の図です。R2+3脈とR4+5脈の分岐は①の部分です。この部分の角が90度以上か、60度かという点で見分けられるのですが、写真からは90度より大きいので、この個体はクロミャクチャタテのようです。さらに、クロミャクチャタテ♀の説明には

後小室(AP)の頂は中脈(M)に接する。
前翅は褐色で、R4+5脈が強く内側に湾曲し、これに沿った部分が透明に色が抜ける。

とあります。「後小室(AP)の頂は中脈(M)に接する」というのは②の部分です。この部分で、確かにAPの頂点とM脈は接しています。下の記述は「透明」かどうかという点がよく分からないのですが、それを除くと良く合っています。ということで、クロミャクチャタテ♀ではないかと思っています。



尾が2本のカゲロウが止まっていました。色が薄黄色なので、ちょっと変わっているなと思ったのですが、複眼のところを拡大してみたら、もっとびっくりしました。



こんな縞模様がついています。カゲロウの名前を調べるには、フライフィッシャー用に出されている図鑑が、写真が綺麗で大変役に立ちます。このカゲロウについては、刈田敏著、「フライフィッシャーのための水生昆虫小宇宙Part I」(つり人社, 2000)に載っていました。シロタニガワカゲロウです。「日本中の川でごく普通に、しかもたくさん見られる」と書かれていました。



ササキリに似ていますが、体側から前翅にかけての黒い帯がなくて、上翅に黒い斑紋列があるというところから、ホシササキリの方ではないかと思います。



こんなごみの塊がもそもそ動いていました。大きさは3-4mmでしょうか。何だろうと思ってじっと見ていると、ちゃんと脚があります。家に戻ってから調べてみると、クサカゲロウの幼虫なのですね。「日本産幼虫図鑑」によると、「クサカゲロウ科の幼虫には、体表に鉤状の毛があって、それに塵などを付着させてカムフラージュする種と、毛を欠き付着させない種がある」と書かれていました。マンションの廊下でよく見かけるクサカゲロウで言えば、カオマダラ、イツホシアカマダラなどは塵がついて、ヨツボシ、クモン、ヤマト、スズキなどには塵がつかないそうです。しかし、鉤状の毛だけではこんな大きな塵はつかないので、何か接着剤のようなものを使っているのでしょうか。

ちょっと長くなってしまったので、このあたりで一旦打ち切ります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

クロミャクチャタテ♀は去年見付けましたが、その1度だけしか見てませんね。
特徴的でチャタテにしては大きな種なんで、居れば気付きそうなものですけどねえ。

No title

最近、チャタテがやたら気になるようになりました。そう思って見ていると、結構いろいろといるものです。私の住んでいるところだけでよいので、ちょっとした図鑑が作れるといいなと思っています。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ