fc2ブログ

廊下のむし探検 また知らないタマムシが来た

廊下のむし探検 第276弾

先日、チビタマムシという、似た種の多いタマムシがやってきたと思ったら、今度はまた違う種類のタマムシが見られました。





こんな虫です。結構、綺麗な虫ですが、よく知られたタマムシとはおよそ違った形です。床の模様から求めた体長は6.8mmです。図鑑を見るとナガタマムシの仲間と似ています。翅の先が丸くなっているとか、複眼と胸部の境目がくびれているとか、胸部の中央に緩い溝があるとか・・・、いろいろな特徴があるのですが、結局、名前は分かりませんでした。



以前もいたような気がするのですが、真っ黒なゾウムシです。口吻を除いた体長は5.2mm。これも名前が分かりませんでした。



コメツキは全部で5匹いました。すべて採集してきて調べました。そのうち、2匹はクシコメツキ、後は結局、分からずじまい。色の変わった1匹だけ載せておきます。せめて、亜科ぐらい分かるとよいのですが。



これはクビボソジョウカイですね。やっと名前の分かる種が出てきました。



これは、ヒメジョウカイモドキあたりだと思うのですが、なんせ小さいのであまりよくは分かりません。



この綺麗な虫は、以前も出てきたヒメマルカツオブシムシだと思います。



綺麗な甲虫も載せておきます。ヨツモンクロツツハムシです。

次はカメムシの仲間です。



この勇ましい感じのカメムシはウシカメムシです。マンションで数は多くないですが、時々見ます。



マンションでは数の多いカメムシです。フタモンホシカメムシだと思います。似た種にクロホシカメムシがいるのですが、昨年、詳しく調べてみました。フタモンで良さそうでした。



カイガラツヤカスミカメというカスミカメの一種です。昨年も5/17に見たのですが、今年は5/16です。数が多いわけではないのに、どうしてこんなにも一致するのでしょうね。この幼虫は、この間から見ているオオワラジカイガラムシに擬態し、これを捕食しているそうです。食物連鎖がマンションの中で出来上がっているのかも。



このカスミカメは名前が分かりませんでした。以前にも出てきたかもしれません。(追記:後で図鑑で調べると、ヒメヨモギカスミカメのようです



ついでに、このカメムシの幼虫も名前が分かりませんでした。触角に特徴があったので、分かるかなと思ったのですが。(追記:通りすがりさんから、クヌギカメムシ科の幼虫だというコメントを頂きました



これもカメムシ目の虫のようです。ヒゲナガアブラムシの一種だと思います。最初、何だか分からなかったのですが。



大きな羽アリです。クロオオアリあたりでしょうか。アリの名前はさっぱり分かりません。

次は蛾です。



これはフタヤマエダシャクです。結構、よく見ます。



そして、これはクロモクメヨトウです。これも普通種です。



最後の個体には似た種が多いのですが、クサシロキヨトウではないかと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

困ったことに、ナガタマムシの仲間は一部の特徴的なものを除いて全く分かりませんね。
以下のゾウムシ、コメツキなども分かりませんが、タマムシも大型種以外は本当に難しい仲間ですね。

やっと分かるのはカメムシの幼虫で、これはクヌギカメムシ科だと思います。

No title

甲虫も難しいですね。綺麗な虫が多いのに。

クヌギカメムシ科、どうも有難うございました。幼虫の載っている図鑑がなかなかなくて。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ