fc2ブログ

廊下のむし探検 蛾がいっぱい

廊下のむし探検 第261弾

昨日と一昨日の「廊下のむし探検」の結果です。最近は夜冷え込んでいるのか、少し虫は少なめです。それでも、蛾は結構いろいろな種類が見られました。



あまり特徴が把握できない蛾ですが、前脚を前に伸ばした独特の止まり方をします。シャチホコガ科のスズキシャチホコです。4-5月と9月に見ています。



地下駐車場の天井に止まっていました。これはアカヒゲドクガです。



これはコブガ科のリュウキュウキノカワガです。「琉球」と名が付いていますが、本州でも普通に見られます。



綺麗な蛾です。似た種もありますが、ギンスジキンウワバでしょう。



これはカブラヤガです。



翅頂近くに鎌のような模様があるので、分かりやすい蛾です。アカテンクチバといいます。ごくごく普通の蛾です。



暗くて少し分かりにくいのですが、ヤガ科のシロシタヨトウだと思います。



色が抜けてしまったような蛾ですが、おそらくアオアツバで間違いないのでは。



この日はシャクガ科は少なかったのです。これは前翅と後翅を開けた独特の止まり方をするツマジロエダシャクです。



鱗粉が取れて分かりにくいのですが、おそらくソトシロオビナミシャクだと思います。

蛾以外は少なめでした。



キアシカミキリモドキです。今日は綺麗に撮れました。



こちらはいつものモモブトカミキリモドキです。



複眼の間隔がちょっと広目なので、ナガハムシダマシの方かなと思います。



この日はシロオビカミキリもいました。



また、オオワラジカイガラムシの♂と見られる個体がいました。今年はよく見かけます。



毛虫はいろいろといたのですが、今日はパスして、最後はクモにしました。名前がはっきりしないのですが、チビサラグモに似ている感じです。クモも詳しい図鑑が欲しくなってきました。(追記:腹の形が長細いので、もう少し調べてみると、ヘリジロサラグモ♂に似ているようです

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

シャチホコ、ドクガ、キノカワガ、ヨトウ、エダシャクは見たことありません。
雑木林とマンションが欲しいなあ(笑)

No title

住民にとっては、虫が多いのは困るでしょうが、私にとっては大変良い環境です。あまりに虫がいっぱいいすぎて、最近、外を歩く機会が減ってきました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ