FC2ブログ

廊下のむし探検 ヒメツチハンミョウ、その後

廊下のむし探検 第179弾

今回はヒメツチハンミョウのその後です。



いつものように廊下を歩いていると、マンションの西の外れにある階段の途中で、黒い虫がひっくり返っていました。近づいてみると、ヒメツチハンミョウの♀です。3日ぶりの再会です。どうやら階段を登っていき、ひっくり返ってしまったようです。ちょっと可愛そうなので、草に捕まらせて起こしてやりました。でも、階段の端まで来るとまたすぐにひっくり返ってしまいました。凸凹があるとうまくバランスがとれないようです。



仕方なく、下の廊下のところまで戻してやりました。そうしたら、一目散でマンションの隣にある林に向かって歩き出しました。見ていると結構速く歩きます。以前、廊下の壁を登るスピードを測ったことがあって、20cm/分くらいだと書きましたが、床だともうちょっと速い感じです。







他にもいないかなと思って、廊下とマンションの横の草むらを探してみました。今度はマンションの東の外れに♂がいました。こちらは草むらの中にあるコンクリートの溝をゆっくりと歩いています。マンションから帰っていく途中のようです。草の生えているところを歩かず、歩きやすいコンクリートの上を歩いているので、ちょっと面白いなと思いました。

いったいなぜマンションにやってくるのでしょう。これは仮説なのですが、きっと♂と♀の出会いを求めてではないかと思います。地面を歩くツチハンミョウにとって、草の茂ったところではなかなか相手を見つけられません。おそらく、フェロモンも相当近くまで来ないと効かないと思うので、こういう草の生えていない目立つ場所に行って、互いを探し合うのではないかと思います。

ツチハンミョウを調べておられるS先生によると、もうお腹の大きくなった♀が別の場所では見つかっているとのことです。私のマンションで見る♀はいずれもお腹が小さいので、変だなと思っていたのですが、結構、離れた場所から、マンションというお見合い会場にほぼ毎日のように通っているのかもしれません。無事に相手が見つかり、お腹が大きくなってきた♀は、もうマンションにはやってこなくなるのでしょう。今頃までやってきているのは、なかなか相手が見つからないカップルなのかもしれません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ