FC2ブログ

廊下のむし探検 早春第1号

廊下のむし探検 第1077弾

今日は春のような陽気でした。それで、午後からマンションの廊下を歩いてみました。カメムシやハエなどがいたのですが、それよりも廊下を歩いた後、外に出たときに見つけたこの蛾が今日のメインになりました。



トビモンオオエダシャクです。いつも2月終わりになると早々と出てくる早春の使いです。これまでの記録を見てみても、2014年2/21、2017年2/26、2018年2/26が初見日になっています。今年はこれまでで一番早い記録ですね。でも、早春の使いにしてはちょっとグロテスクかな。



それでは廊下に戻ります。最初に見たのがのこハネカクシでした。水にはまってアップアップしていました。過去の写真と比べてみると、ヨツメハネカクシ亜科のようです。ハネカクシの検索表はないのでしょうか。属くらいは調べてみたいなと思っています。



これはいつもいるナミネアブラキモグリバエ





今日はこのムラサキナガカメムシが多かったですね。数匹はいたと思います。



こんな交尾している姿まで。もう春なのですね。



これは翅脈と前脚の脛節と跗節第1節の長さから、エリユスリカ亜科かな。



これはたぶん、ブリッグスウスイロチャタテ



このハムシが分かりません。サルハムシ類だと思うのですが、一応、採集したので、今度調べてみたいと思います。







この三匹は別個体ですが、みな同じ種ではないかと思います。やや大きめのノミバエです。脛節に刺があるので、ノミバエ亜科だろうとは思うのですが・・・。



これはいつも見ている毛虫です。たぶん、ヤネホソバなどのEilema属だとは思うのですが・・・。いつもじっとしているのですが、今日はのそのそ歩いていました。この仲間はこういう壁についている苔などを食べるのでしたね。これから成長を追いかけてみようと思っています。



最後はヘリグロヒメハナバエです。

雑談)今日はこの間から調べていたコマユバチ科らしきハチの検索のための顕微鏡写真の追加を撮りました。何度か検索表を見て、それを顕微鏡写真と合わせているうちに、コマユバチ亜科までは確かそうな気がしてきました。もう一つは図鑑のためにまとめているオドリバエ科です。以前撮った写真をじっくりと見直していると、亜属が分かりそうなものがあったので、標本を探してみると、うまい具合に残っていました。それで、今日は交尾器の写真を撮りました。こうやって科一つずつをじっくり見直すというのは本当に勉強になりますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ