FC2ブログ

散歩と鳥見と(続き)

昨日の続きで、伊丹市にある昆陽池に鳥見がてら散歩に行ったときの記録です。変わった鳥はいなかったのですが、とりあえず記録を残しておきます。昨日は昆陽池を一周したところまでだったので、その後、天王寺川に沿って北上し、黒池、西池に行ってからの話です。水鳥がいろいろといるはずだったのですが、ほとんど何もいません。



仕方なく、水辺に行って近くを泳いでいたカモを写しました。これはハシビロガモ





それから、キンクロハジロ。上は♂、下は♀かな。あまりに何もいないので、今度は西側にある安倉下池(たぶん、あくらしものいけ)に行ってみました。こちらは水があまりなくて、半分ほど干上がっていました。





そこにコガモが何羽か嘴を水に突っ込んで何か食べていました。



池巡りを終わってまた昆陽池に戻ってきました。ふと見ると、さっき、昼寝をしていたヌートリアが泳いでいました。





でも、すぐに泳ぐのを止め、こんな格好でじっとしていました。



近くをカンムリカイツブリが通りました。





ちょっと離れたところにはマガモがいました。この日の散歩はこのくらいで止めました。2時間でちょうど1万歩を歩いたことになります。知人と今度は甲子園浜でも行ってみようかとか話しながら帰ってきました。

雑談1)昨日から調べていたタマバエ。ちょっと予想と違った展開になってきました。



調べていたのは1月17日に採集したこのタマバエです。以前調べたタマバエと外見がよく似ていたので、てっきり同じCampylomyza属だと思って、翅脈の感覚性の孔探しばかりしていました。これは♀なのですが、ついでに触角も写しておこうと思って撮ってみたら、Campylomyza属♀に特有の襟状の感覚子がありません。代わりに針状の感覚子だけが見えます。だとすると、Cordylomyia属?たぶん、同じだと思っていい加減に扱っていたので、いろいろと写真を撮る前に乾燥してしまいました。これから触角だけでももう一度撮り直そうと思っています。

雑談2)今日は手作りの「成長し続ける図鑑」としてミギワバエ科をまとめてみました。ホームページにアップしたので、こちらから入って探してみてください。次は何をまとめようかと考えているのですが、とりあえず、簡単そうなアミメカゲロウ目のコナカゲロウ科をまとめてみようと思っています。これとは別に、家の近くや旅行先などで撮った写真をまとめた「気まぐれ図鑑」の整理も始めました。もうじき、チョウ、トンボ、鳥、単子葉植物、シダあたりが公開できるのではと思っています。でも、まだこれから索引を作ったりと面倒な仕事が残っていますが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ