FC2ブログ

廊下のむし探検 ハエ

廊下のむし探検 第1064弾

1月7日にマンションの廊下を歩いて見つけた虫が残っていました。といっても、ハエばかりですが・・・。



最初はこのヌカカです。これはしょっちゅう見るヌカカで、Forcipomyia属だろうと思っているのですが、まだ検索はしたことはありません。「日本昆虫目録第8巻」によると、Forcipomyia属には13亜属62種が記録されています。先の長い話です。この個体は水でも吸っているのでしょうか。



ユスリカはいっぱいいるのですが、検索が大変なので、つい、採集はしり込みしてしまいます。それにこれは♀だし・・・。MCu横脈が見えているので、たぶん、ヤマユスリカ亜科かな。



これはノミバエです。脛節に刺が見えるので、たぶん、ノミバエ亜科でしょう。



これはMCuがなさそうで、前脛節の方が跗節第1節よりながそうなので、エリユスリカ亜科かなぁ。



これはMCuが見えています。たぶん、ヤマユスリカ亜科の♂ですね。



これは初冬からよく見るナミネアブラキモグリバエ



それにキゴシハナアブ。最近、こうやって止まってじっとしている姿をよく見ます。





これはタマバエ。最近、タマバエ科の写真整理をしているのですが、このように脚の長い種はLestremiinae亜科のLestremiini族だとしていました。本当かどうか分かりませんが・・・。



これはエリユスリカ亜科かなぁ。



最後のハエはよく分かりません。

雑談)最近、暇さえあればハエの「手作り図鑑」を作っています。写真と名前だけを並べた図鑑はすでにできたのですが、ハエやハチは写真だけではどうしようもないと思って、1種ずつ説明を加えて書いています。今日はクロバネキノコバエ科の修正版とヌカカ科、ブユ科をアップしました。後、タマバエ科が大体できて、今はケバエ類に取り掛かっています。こうやって1種ずつじっくり見ていくと、これまでの整理にもなるし、どの種を詳しく見ていないかとか、♂♀のどちらかしか写真がないとか、いろいろ分かっていいですね。それこそいつ完成するか分からないのですが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ