FC2ブログ

虫を調べる ニセケバエの各部の写真

ニセケバエの検索をしようと思って、顕微鏡で各部の写真を撮りました。



ニセケバエというのはこんなハエです。これは12月21日に写したものですが、この個体を採集して調べてみました。検索についてはまた次回に載せますが、まず、昨日写した顕微鏡写真を使って各部の名称を調べてみようと思いました。ところが、文献がなかなか見つかりません。それで、結局、次の2つの文献を参考にしました。

[1] J.-P. Haenni, "2.12 Family Scatopsidae", in L. Papp and B. Darvas (eds.), "Contributions to a Manual of Palaearctic Diptera (with special reference to fliew of economic importance)", Vol. 2 Nematocera and Lower Brachycera, Science Herald, Budapest pp. 51-69 (1997).
[2] D. de S. Amorim and M. I. P. A. Balbi, "A review of Anapausis Enderlein (Diptera: Scatopsidae) in the Neotropical Region, with four new species and comments on the phylogeny of the genus", Zootaxa 1300, 1 (2006). (ここからダウンロードできます)

でも、まだ十分ではありません。それで、名称のない写真が続いてしまいました。特に交尾器あたりがさっぱり分かりませんでした。



まずは横から撮った写真です。翅が長いですね。体長は2.2mmでした。





頭部は角度を変えて2枚撮ったのですが、口のあたりがどうなっているのかが分かりません。検索には使うのですけど・・・。複眼がこんな色をしているのはたぶん、冷凍庫に入れておいたので、乾燥したからだと思います。



これは頭部を背側から写したものです。左右の複眼が中央でほとんど接しています。その間に単眼が入り込んでいるので、面白い形をしています。胸背にある黄色い帯は後前胸背板だと思うのですが、確認が取れません。



これは触角です。触角は全部で10節でした。





これは盾板を写したものです。刺毛が生えているのですが、どの系列なのかまったく分かりません。



胸部側面は例によって略号で書きました。



略号の意味です。たぶん、合っているのではと思うのですが、これもなかなか確かめられません。



次は翅脈です。翅脈の名称は文献[1]に従っています。f vnは"false vein"の略で擬脈を表しています。検索には翅脈が重要な役割を果たします。



これは翅の基部です。r-m横脈が検索には出てきます。Rs/R4+5脈とM脈はほとんど1点で交わって、X型をしています。



次は腹部の節です。脚が邪魔で途中の節がよく分からなかったので、今日、写真を撮り直しました。



mtは中央背板で中胸の一部です。腹部背板は節がみんな見えたので、たぶん、大丈夫ではないかと思っています。





そして、腹部末端です。こんな複雑な形をしていますが、たぶん、♂だと思います。♂の交尾器の絵はいろいろな論文に出ているのですが、同じような形のものが見つからなくって、それで、名前がついていません。何とか分かりたいのですけど・・・。

というので、各部の名称をつけようと思ったのですが、なかなかうまくは行きませんでした。でも、これらの写真があるのでなんとか検索の方はできました。文献[1]に載っている検索表で調べたのですが、たぶん、最初の予想通り、Scatopsinae亜科Scatopsini族のApiloscatopse属か、あるいは文献[1]には載っていない属かというところになっています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ