FC2ブログ

廊下のむし探検 ハエなど

廊下のむし探検 第1062弾

1月2日にマンションの廊下で見つけた虫の続きです。こんな冬に虫などいないだろうと思われるでしょうが、探してみると意外にいるものです。



と言っても何もいないかもと思ってクモも写しておきました。ネコハグモです。クモは不思議と冬でも見ますね。



ユスリカの仲間はいっぱいいました。これは翅に黒い筋が入っていて、MCu横脈にまで伸びていそうなので、ヤマユスリカ亜科ではないかと思います。



これはMCu横脈はなさそうで、なおかつ前脛節の方が跗節第1節より長そうなので、エリユスリカ亜科ではと思いました。共に♀です。



これは♂なのですが、大変小さなユスリカです。亜科まで分かりませんでした。



これは何かな。♀は確かですが・・・。ユスリカは捕まえないとほとんど分かりません。もっとも捕まえてもなかなか分からないのですが・・・。



これはM1+2脈が深く曲がっています。たぶん、ヤドリバエの仲間かなと思いました。(追記2019/01/13:通りすがりさんから、「ヤドリバエっぽいのはクロバエ科のウヅキイエバエモドキっぽいですね。」というコメントをいただきました。クロバエ科というのは意外でした。コメントどうも有難うございました。ネットで画像検索をしたら、自分のブログが引っかかりました。以前も通りすがりさんに教えていただいていたのですね。すっかり忘れていました





これは今悩んでいるイエバエ科のハエです。ぱっと見ではヒメセマダライエバエの様なのですが、♀だと斑紋での判定は難しいということなので、検索表で調べ始めました。でも、これが悩みの始まりでした。結局、ヒメセマダライエバエの可能性が高いかなと思っています。実は、特徴がセマダライエバエ♀とヒメセマダライエバエ♀の中間的なので悩みました。(追記2019/01/13:検索をしてみたのですが、ヒメセマダライエバエの可能性が高いもののセマダライエバエとの中間的な特徴を持っているという結論になりました。詳細はこちらこちら



これはツマグロキンバエ



これはノミバエ。たぶん、トゲナシノミバエ亜科のMegaselia属ではないかと思いました。



これもノミバエですが、脛節に長い刺が出ています。それで、ノミバエ亜科の方だと思われます。



最後はモリチャバネゴキブリの幼虫かな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰してしまいました、通りすがりです。

ヤドリバエっぽいのはクロバエ科のウヅキイエバエモドキっぽいですね。

去年は殆ど虫活できなかったけど、今年はどうかなあ…

No title

通りすがりさん、お久しぶりです。私はずっと虫漬けになっています。
クロバエ科とはちょっと意外です。やはり捕まえて調べないと駄目ですね。どうも有難うございました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ