FC2ブログ

虫を調べる クロバネキノコバエ科Ctenosciara属?

この間からマンションの廊下で見かけるクロバネキノコバエ科を調べています。先日は12月21日に採集した胸背の黒い個体を調べてBradysia属ではないかという結論になりました。今回はそのときに捕まえた胸背が褐色の個体を調べてみました。



この日は2匹採集したので、調べた個体とこの写真の個体が同一かどうかは判断できないのですが、ともかく、こんな感じの個体です。

検索には最近送っていただいた次の文献に載っている検索表を用いました。

F. Menzel and W. Mohrig, "2.6 Family Sciaridae", in L. Papp and B. Darvas (eds.), "Contributions to a Manual of Palaearctic Diptera (with special reference to fliew of economic importance)", Vol. 2 Nematocera and Lower Brachycera, Science Herald, Budapest pp. 51-69 (1997).

この検索表には「日本昆虫目録第8巻」に載っている属のほとんどが載っているので、かなり有効なのですが、4属が載っていないので完ぺきではありません。でも、ともかく、この検索表を用いてみました。その結果、Ctenosciara属になりました。



検索表上ではこの6項目を調べることで、Ctenosciara属であることが確かめられます。合っているかどうかはよく分からないですが、写真で確かめていきたいと思います。



側面からの写真です。体長は2.4mm。この間調べた胸背が黒い個体(体長2.2mm)より若干大きいですが、ほぼ同じ大きさでした。また、腹部末端が尖っているので、先日と同様♀でした。



だいたい検索順に見ていきます。これは翅脈です。翅脈の名称は前回と同様にMenzel(1999)の方式に従いました。①で言っているのは黒矢印で示した分岐がほぼ対称で、M1脈が若干弓形に湾曲している(赤矢印)ことを示しています。



これはついでに翅基部を写したものです。(Cu2)と書いた線を脈として判断するか、それとも擬脈かという問題については以前書いたことがありました。



次は触角の写真です。これがうまく撮影できませんでした。でも、とりあえず毛の長さは節の長さの1/3程度で、首が黒くないことだけは分かります。



照明の方法を変えて、横から直接光を当ててみました。表面が滑らかだということは分かったのですが、何だかよく分かりませんね。



頭部の写真です。口肢に生えている剛毛は次の写真でよく分かります。複眼の一部が銀色なのは、たぶん、冷凍庫に入れていて乾燥したせいかなと思っています。



口肢の拡大です。これはうまく写りました。第1節には確かに2本の剛毛が生えています(黒矢印)。



次は中脚脛節末端の距棘です(黒矢印)。2本あって、ほぼ等長です。



これは大晦日に載せた写真です。距棘の横に透明な剛毛列が見えます。たぶん、このことだろうと思うのですが、あまり自信はありません。



⑤と⑥についてはM1、M2、Cu1a脈上にマクロトリキアが生えていることが明瞭に分かります。



次は跗節爪です。これが毎回うまく写らない・・・。でも、歯がないことは確かみたいです。

ということで、すべての項目を確かめたので、たぶん、Ctenosciara属だろうと思っています。まぁ、怪しいと言えば、前脚脛節末端の剛毛列についてでしょうね。「日本昆虫目録第8巻」では、Ctenosciara属には6種が記録されています。ここから先はたぶん、♂の交尾器を見る必要があるのでしょうね。



ところで、MND(Manual of Nearctic Diptera Vol. 1 (1981). (ここからダウンロードできます))にはCtenosciara属は載っていません。それで、この文献に載っている検索表で検索してみるとどうなるか試してみました。その結果、Ⓐ~Ⓕまではうまく進むのですが、Ⓖになってどちらの選択肢でも合わなくなります。その合わない部分を赤字で示しました。

ついでに今回の写真を使って各部の名称をつけてみました。



頭部です。



眼橋のあたりです。



胸背です。短い刺毛が列状に並んでいますが、端にある刺毛ではどれがどの系列なのかよく分かりません。



胸部側面です。今回は「新訂原色昆虫大図鑑III」に載っているガガンボダマシ科の絵を参考に名前を付けてみました。結構、合っているのではないかと思っています。



最後は腹部末端を側面から見た写真です。第9、10節あたりがどうもよく分かりません。

どういうわけか、この日採集した4匹すべてが♀でした。これについてはMNDに少し書かれていました。クロバネキノコバエ科の性比は種によって大きく変化し、場合によってはy染色体のないものもあるので、♀ばかりということもあるそうです。これまでに撮った写真を見てみても、♂の写真はかなり少なかったです。♀が多いのかなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ