FC2ブログ

廊下のむし探検 元旦の蛾

廊下のむし探検 第1058弾

元旦の虫を調べてみようと思って、マンションの廊下を歩いてみました。今日は気温は低かったのですが、晴れていたので、何となく虫のいそうな予感がしました。予想通り、全部で18種の虫が見つかりました。それで、まず、蛾からです。



まずはマエアカスカシノメイガ





次はクシヒゲシャチホコ。♂の触角は羽毛状で「櫛鬚」の語源になっています。記録を見てみると、これまで12月から1月にかけて5度見ていました。



こんなチョウチョ止まりをする蛾は珍しいですよね。ルリモンクチバです。この6年間で11月に1度だけ見ていました。



これは真後ろから撮ったものです。チョウチョとはちょっと違って、中が見えていますね。



こちらはキマエキリガ。これまで12月から1月初めにかけて何度も見ていました。





すぐ近くに2匹止まっていました。たぶん、ホソバハガタヨトウだと思われます。記録によると11月に1度、1月に2度見ていました。成虫越冬ではないようです。



最後はアカエグリバです。「標準図鑑」によると、年に2~3化、成虫越冬だそうです。記録によると、4月に1度、7から9月に9度、11~1月に3度見ていました。残りの虫は次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ