FC2ブログ

アシブトコバチの各部の名称

10月29日にマンションの廊下でこんなハチを見つけました。



後脚腿節が太いので、たぶん、アシブトコバチの仲間ですね。今回はちゃんと調べてみたいと思って採集しました。この2,3日調べているのですが、Antrocephalus属であることは確かで、たぶん、アシアカツヤアシブトコバチA. dividensだろうと思っているのですが、種の検索で少し手こずっています。それで、まず、各部の名称を調べてみようと思って、何枚か顕微鏡写真を撮り、次の文献に載っている図を使って各部に名前をつけてみました。

A. Habu, "A Revision of the Chalcididae (Hymenoptera) of Japan, with Descriptions of Sixteen New Species", 農業技術研究所報告 C. 病理・昆虫 11, 131 (1960). (ここからダウンロードできます)
T. C. Narendran, "Oriental Chalcididae (Hymenoptera: Chalcidoidea)", Zool. Monograph, Dep. Zool., U. Calicut (1989).(ここからダウンロードできます)



まずは横から撮った写真です。体長を測ってみると、5.2mmになりました。



ともかく変わった顔をしています。顔の中央が凹んでいて、その周辺を取り巻くように隆起線が走っています。中央の凹んでいる部分(scrobe cavity)は触角の柄節が収まる場所になっています。複眼内縁隆起線というのは複眼の内縁に沿って存在する隆起線ですが、この個体では上側の単眼の一つの後ろで左右の隆起線がつながっています。なお、preorbital carinaeの和訳にはいつも利用させていただいている"Information station of Parasitoid wasps"の「形態用語辞典」の中のpreocular carinaの訳を当てました。



これは上から撮った写真です。3つある単眼を分けるように間を隆起線が走っています。





ちょっと倍率を上げてみました。それにしても不思議な形です。



これは口のあたりの拡大です。触角挿入口は頭盾のすぐ上にあります。こんなところがAntrocephalus属の特徴です。



これは頭部を斜め横から見た写真です。検索に出てくるgenotemporal furrowがよく分からなかったのですが、たぶん、矢印で示した溝ではないかと思っています。



これはその溝を拡大したものです。



触角も写してみました。触角は見かけ上11節なのですが、Habu氏の論文を読むと、先端は3節に分かれて、全部では13節になるとのことです。ただし、先端3節の区切りは多少不明瞭ということです。触角第3節は幅の狭い環状になるはずですが、この個体ではかなり長くなっています。鞭節は通常、柄節と梗節を除いた部分を指すのですが、文献を見ると、環状節を除いているものもあり、はっきりとはしません。

追記2018/11/25:触角の先端を拡大してみました。



やはりよく分かりませんね)(追記2018/11/26:flagellumがどこを指すのかよく分からなくなりました。Habu(1960)とNarendran,(1989)の図はいずれもring segmentを除いた後の部分を指しています。Insects and Arachnids part 12では本文中には第3節以降となっていますが、図ではring segmentを除いていました



これは胸部背面です。notaulusはHabu氏の論文ではparapsidal furrowとなっているのですが、たぶん、notaulusの方が正しいのではないかと思います。これについては以前、セイボウで調べたことがあります。



これは胸部側面です。acetabulumはHabu氏の論文に載っていたのですが、何と訳したらよいのかよく分かりませんでした。



これは前翅です。コバチ特有の脈の少ない翅です。



後脚を写してみました。腿節はこんなに膨れていますが、脛節との付け根近くに黒い歯が見られました。



その部分の拡大です。毛の間から黒い歯が見えています。たぶん、この歯で脛節が滑らないように固定し、脛節にひずみを与え、その弾性力を使って飛躍するのではと思いました。



これは前伸腹節を写したものです。B、C、Dの記号はHabu氏の論文に載っていた隆起線を示す記号です。



これは後体節第1節背板に見られる隆起線(carinae)を写そうとしたものですが、何度写してもこの程度の写真しか得られません。この隆起線の長さが検索に出てくるのですが、肉眼で見ても見えません。腹部をはずしてしまえばよいのですけどねぇ。



これは後体節を斜め上から撮ったものです。論文の図を見ながら、節に順番に番号を振ってみました。第7+8節をepipygiumというそうです。



次いで、これは腹面からの写真です。腹板にも番号を振ってみたのですが、第1節と第2節辺りはよく分かりません。ただ、長い部分が第5節(hypopygium)らしいことが分かるので、逆に番号を振ったので、違っているかもしれません。

これで、ほとんどの部分の名称が分かりました。ただ、genotemporal furrowや後体節第1節背板の隆起線などのように、よく分からない部分があって、それらが検索表に出てくるので、まだまだこれからが大変です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ