FC2ブログ

虫を調べる チビヒメヒラタナガカメムシ

この間(10/21)、マンションの廊下で小さなカメムシを見つけました。一見、ヒメナガカメムシを小さくして、薄い色にしたような感じでしたが、とりあえず捕まえておこうと思って採集しました。



こんなカメムシです。「原色日本カメムシ図鑑第3巻」の図版で調べてみると、ヒメヒラタナガカメムシ科のチビヒメヒラタナガカメムシ Cymodema basicornisか、ウスイロヒメヒラタナガカメムシ Cymus elegansのどちらかかなというところです。それで、一度、検索をしてみようと思って、上の図鑑に載っている検索表でまず科の検索をしてみました。



検索表の途中からナガカメムシの仲間に進む経路だけに限ると、ヒメヒラタナガカメムシ科であることを確かめるには上の10項目を調べる必要があります。これを写真で調べていきたいと思います。



最初は背側から見た写真です。翅の色が薄くて、膜状部も革質部も共に透けていて腹部が見えています。この写真では①、⑦、⑨を確かめることができます。①の楔状部は矢印のあたりにある区切りから先の部分で、ハナカメムシ科、カスミカメムシ科などにはあります。この写真のカメムシには区切りはないので、それ以外になります。⑦はオオメナガカメムシ科、⑨はホソメダカナガカメムシ科を除外する項目で共にOKです。



次は腹側からの写真です。この写真で寸法を測ると体長は3.2mmになりました。⑩はその体長と触角の長さとの比較です。⑩では触角の長さが体長の1/2以上だということなのですが、実測では1/2.14=0.47になり、少し小さくなりました。この項目はコバネナガカメムシ科を除外する項目でこの科では1/3以下なので、たぶん、大丈夫でしょう。



次は触角第1節の幅と長さの比です。これも実測すると長さは幅の1.82倍になり、⑧に書かれたこととほぼ一致します。これはマダラナガカメムシ科やヒゲナガカメムシ科を除外する項目です。



②の海綿窩はよく分からないのですが、図鑑の絵を見ると、②↓あたりに存在する構造みたいです。この写真では特に異常が見られないのでたぶん、大丈夫でしょう。④はイトカメムシ科を除外する項目です。イトカメムシ科では④↓あたりに上向きの突起があるのですが、これにはありません。



これが分かりにくい。③は縦走する翅脈の数に関するものですが、なんせ透明なのでうまく写せません。横から光を当てて翅脈が光るようにして撮ったのですが、本数までは分かりませんね。でも、網目状ではなさそうなので、③はOKとしました。この項目はカメムシ科などを除外する項目です。逆にいうと、カメムシ科などでは縦走する翅脈が6本以上で網目状の脈相になっているということです。



これは腹部を写した写真です。結合板が葉状に突出することも側縁が波状になることもないので、⑤は大丈夫だと思うのですが、腹部の節の番号をどうつけるかで迷いました。結局、「日本原色カメムシ図鑑第1巻」に載っている絵を参考にして付けてみました。この番号だと⑥の第4、5節間の縫合線は⑥↓で示したところになり、確かに直線的で側縁に達しています。それで、⑥もOKだと思われます。これですべての項目をチェックしたので、たぶん、ヒメヒラタナガカメムシ科でよいのではと思いました。

ここから先は検索表がありません。ただ、候補がチビヒメヒラタナガカメムシ属とヒメヒラタナガカメムシ属のどちらかだろうということで、属の特徴を調べてみました。チビヒメヒラタナガカメムシ属の説明には両者の比較が載っていました。



㋐と㋑がそうです。もし、チビヒメヒラタナガカメムシ属だとすると、日本産は1属1種なので、それに属するチビヒメヒラタナガカメムシの特徴も調べてみることにしました。それが㋒と㋓です。㋐は比較の問題なので、㋑を調べてみることにしました。



生態写真では分からなかったのですが、頭部の前方を見ると、中葉がずいぶん前に突き出しています。また、その両横にある側葉が少し突き出しています。たぶん、このことが「3本の角」に該当するのではと思いました。



これはもう少し拡大した写真です。「3本の角」と言えなくはないですね。実際には、ヒメヒラタナガカメムシ属を調べて見ないとはっきりしたことは言えませんが、とりあえず、これでチビヒメヒラタナガカメムシ属だろうと思ってその先を調べてみました。



㋒はたぶん、大丈夫だと思うので、その先の㋓を見てみました。前胸背の中央前半の乳白色の隆起線は白矢印で示した通り。前側角は黒矢印で示した部分だと思われます。ただ、前胸背の前半部の両側に点刻のない横長の領域があるのですが、それについては特に何も書かれていませんでした。

ということで、とりあえず、属と種の特徴もあっていそうなので、たぶん、チビヒメヒラタナガカメムシで合っているのではと思っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ