FC2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫、ハエなど

家の近くのむし探検 第435弾

10月2日にいつもの道路脇の茂みへ虫探しにいきました。そのときに見た虫です。



まず、出かける前にマンションの廊下でこんなコガネを見つけました。





検索のときに要るかなと思って、腹部と頭盾も写しておきました。「日本産コガネムシ上科標準図鑑」を見ると、属の検索には上唇や前脛節を見なくてはいけなくて、やはり採集しておく必要があったようです。で、結局、絵合わせでアオドウガネかなと思いました。







ヤドリバエが獲物を探して2-3匹、うろちょろしています。腹部に特徴のあるハエなのですが、ヤドリバエはどうやって調べたらよいやら。(追記2018/11/20:フトツリアブさんから、「ヤドリバエの同定は難しいです.なんとなく,Thelaira nigripesに似ているような気がします.」というコメントをいただくとともに、旧北区のヤドリバエの属の検索表を教えていただきました。しかし、これは猛烈な検索表ですね。全部で549項目もありました。まずはだいたい分かっている種で何回か試してみないと、必ず迷子になってしまうでしょうね。ヤドリバエ、大変ですね



カラムシの葉を食しているのは誰でしょう。「原色日本蛾類幼虫図鑑」をぱらぱら見てみると、ヤガ科のクロキシタアツバあたりが似ている感じです。イラクサ科が食草だし・・・。



こちらはアミダテントウ。時々見ます。



ササキリが成虫になっていました。



頭部をちょっと拡大。



アオバハゴロモもいました。



近くを見ると、結構、たくさんいます。



葉の上をせわしなく動き回るハエ。えいやっと写すのですが、やはりぶれていますね。採集できなかったので、よく分かりません。



これは何の蛹でしょうね。



ヒメシャクはよく分からないのですが、これはマエキヒメシャクかなと思っています。





これはたぶん、ヒメバチの仲間でしょうね。ヒメバチも今のところお手上げです。



これは採集して調べてみました。ハバチ科のセグロカブラハバチでした。まだ、ちゃんと検索をしたことがなかったので、一応、各部の写真を撮りました。今度載せます。



これはテントウムシのような格好ですが、キボシマルウンカ



チャバネヒメクロバエです。これについては以前、調べたことがあります。縄張りを張っているのか、いつもある一定距離をおいて止まっているのですが、



こんなに近くに2匹止まっていることもありました。



この仲間にも似たのが多いので、採集して検索してみました。やはりニレハムシでした。これも写真を撮ったので、今度載せます。



最後はワキグロサツマノミダマシ

雑談)食事をしていると、よく小バエがうろうろしてうるさいことがあります。いつもだったらたたいて潰してしまうのですが、「一寸のハエにも・・・」だからと思って吸虫管で採集しました。



こんなハエでした。体長2.9mm。



そのまま見ると何の変哲もないハエなのですが、頭部を拡大するとこんなM字マークがあります。どこかで見たなというかすかな記憶もあったのですが、とにかく検索をと思って検索してみました。でも、何度やっても変なところにたどり着いてうまくいきません。いい加減、嫌になったときに過去の写真を見てみようと思って以前のブログを見ていたら、同じようなM字マークを持ったハエを調べていました。その時はきちんと科の検索を行い、シロガネコバエ科だとしていました。今回は何が違ったかというと、翅の前縁にあるh切目を見落としていた点でした。その時は属の検索をして、さらには種まで推定していました。たぶん、その時と同じだと思われるので、今回もミナミクロコバエ Desmometopa micropsではないかと思っています。それにしても、以前はちゃんと調べてたなとちょっとびっくり。最近、腕が落ちたのかなぁ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヤドリバエの同定は難しいです.
なんとなく,Thelaira nigripesに似ているような気がします.

一寸のハエの掲示板にも書きましたが,下記のURLに旧北区のヤドリバエの属の検索が公開されています.
http://www.naturkundemuseum-bw.de/sites/default/files/forschung/user_129/TschorsnigRichter1998.pdf

No title

フトツリアブさん、こんばんは

いつも教えていただき有難うございます。
そうですね。何となく雰囲気は似ていますね。

検索表も教えていただき有難うございました。でも、これは猛烈な検索表ですね。全部で549項目もありました。まずはだいたい分かっている種で何回か試してみないと、必ず迷子になってしまうでしょうね。ヤドリバエ、大変ですね。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ