FC2ブログ

虫を調べる ホソコハナムグリ

9月18日にマンションの廊下でこんな小さなハナムグリを見つけました。





初めはコアオハナムグリかなと思ったのですが、腹部が黒くないので、別種だと分かりました。もともと中学校のグループ学習に使おうと思って採集したのですが、調べてみたら初めての種だったので、今回は私の標本にしました。胸部腹面側方に灰褐色の部分が見られます。初め、汚れかなと思ったのですが、これが一つの特徴でした。

検索には、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」に載っている検索表を用いました。検索して見ると、クロハナムグリ属になったのですが、その過程を写真で見ていきたいと思います。



この5項目を調べることでクロハナムグリ属であることが分かります。前半の3つはハナムグリ亜科の族への検索表、後半の2つは属への検索表からの抜粋です。



これは背側から撮ったものです。体長は10.9mm。コアオハナムグリが12.6-15.2mmなので、さらに小さなハナムグリと言えます。Ⓑの後半は前胸背板についてです。書かれている「後角」がどれかはっきりしませんが、Ⓑ→で示したあたりだと思われます。後角の部分は丸いので鈍角とは言えないのですが、まあいいことにしました。前胸背板の後縁は緩やかに中央に向かっています。これでⒷはよいとしました。Ⓒ→で示した部分は明瞭に湾入しています。これでⒸもOKです。次の②は矢印で示した部分を指しますが、わずかに湾入している程度です。それで、②もOKとしました。



Ⓐ、①、②はいずれもこの写真で分かりますが、中胸腹板突起だけはもう少し拡大してみました。



この写真を見ると、中胸腹板突起は横長の楕円形と言えそうです。これですべての項目を調べたので、たぶん、クロハナムグリ属というのは合っていそうです。ところで、この属にはクロハナムグリとホソコハナムグリの2種が記録されているのですが、外観上、クロハナムグリはかなり違っているので、この個体はホソコハナムグリでよさそうです。でも、念のため、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」に載っている特徴を確かめてみることにしました。



この③~⑧が図鑑に載っていた特徴です。赤字で書いたところは、たぶん、こう書いた方がよいだろうと思ったところです。これらも写真で確かめていきます。



③と④の小型で艶のない鮮緑色というのはOKでしょう。⑦はすでに確かめました。



腹部腹板の両側というのはこの写真ではよく分かりませんが、後胸腹板の両側にある灰黄色の被覆物というのは矢印で示した部分です。中胸腹板はこの写真ではほとんど見えないので、たぶん、後胸腹板と書き直した方がよさそうです。ともかく、⑤はOKです。



被覆物の部分を拡大してみました。細かい綿毛の中に鱗片状の毛が生えています。汚れではなかったですね。



中胸腹板突起には書かれている通り、毛の生えた横溝がありました。



これは頭盾を写したものです。確かに、横長で前縁中央に湾入があります(矢印)。以上で特徴はすべて確かめました。まさに書かれている通りなので、この個体はホソコハナムグリで間違いなさそうです。



ついでに、「原色日本甲虫図鑑II」の説明はこのようでした。短いですね。



こちらは、「原色昆虫大図鑑II」に載っていた説明です。青字は確かめなかったところ、赤字は本当かなぁと疑問に思ったところや何を意味するのかよく分からなかったところです。でも、まぁ、「日本産コガネムシ上科標準図鑑」に書いてあるのと一致したので大丈夫でしょう。



最後は検索に使わなかった写真で、前胸脛節です。

ホソコハナムグリは普通にいる種のようですが、こうやって記録を残しておくと、また後で役に立つこともあるかなと思って調べてみました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです
一見すると同じ種に見える昆虫でも細部で異なっていたりと難しいですね。
コアオハナムグリの標本は持っているので、もう一回調べてみようと思います。
鞘翅に穴があって意外で面白いですね。
ナイス!です。

No title

こんばんは。
何となく違和感があったので採集したのですが、調べてみるとやはり違う種でした。調べてみるものですね。顕微鏡で見ていくと変わったところが次々と見つかって面白いです。これからもよろしく。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ