FC2ブログ

家の近くのむし探検 カメムシ、ユスリカほか

の近くのむし探検 第429弾

9月3日に公園に行ったときに見た虫を忘れていました。虫はあまりいなかったのですが、これも記録なので一応出しておきます。





公園でまず見つけたのはこのキマダラカメムシの幼虫でした。これは5齢かな。



次はこのルリチュウレンジでした。



蛾もいました。これはヨスジヒメシャク



こちらはたぶん、ホソオビキマルハキバガ



それにオンブバッタ



時間がかかったのはこのユスリカでした。ツヤユスリカ属 Cricotopusは確かかなと思って、「図説日本のユスリカ」に載っている腹部の斑紋と比べてみました。



腹部の節に分けてみました。境目がよく分からないところは破線にしています。同じような斑紋を持っているユスリカにはフタモンツヤユスリカがいます。本によると、このユスリカは腹部第1と第4節、および、腹部末端が黄白色、第2節も黄白色で1対の黒色の明瞭な斑紋を持つとあります。最初の部分は良いのですが、第2節の黒色の斑紋が見えません。強いて言えば、矢印で示した部分に暗色の部分が見えるのですが、明瞭とは言えません。というので、今のところまだ?マーク付きです。





最後はハエトリグモで、両方ともネコハエトリだと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

カメムシは種類が多いですね。
以前背中にハートのような模様のカメムシも見かけたり他も色々。
このカメムシも初めて見ました。まるで背中に何か寄生しているみたいです!
ハエトリグモも初めて見ました。
体が毛ガニのようで小さい目が離れていて可愛い顔していますね。黒いのが目ですよね?

No title

tot*ro3*1*さん、お早うございます。

カメムシは臭いけれど、色の綺麗なものが多いのでいつも喜んで写しています。ハートマークのカメムシも何度か見ました。エサキモンキツノカメムシですね。今回のカメムシは幼虫なので、成虫になるとガラッと姿が変わります。外来種で最近急速に増えてきています。背中の黒いのは腹背盤といって、幼虫が匂い物質を出すところです。

クモは苦手なのですが、ハエトリグモは可愛いのでよく写します。横にある目だけでなく、前に大きな目が2つあって、全部で8つも目を持っています。前の大きな目は結構視力がよくて、人間の視力に直すと0.4くらいになるようです。

虫やら動物やら植物やら、生きているものはすべて撮影しています。これからもよろしくお願いします。

No title

> 廊下のむしさん
そうでしたか。目が8つとは!
子供の頃から虫が好きでした。
身近にいた庭石をめくると下にいたダンゴムシ、池の近くの石の隙間に長細い巣があり引っ張り出して遊んだツチグモは何故か怖くありませんでした。また、その頃は環境も良く田舎の祖母の田にゲンゴロウやタガメなどを当たり前に見つけました。物心つくと周りの女の子が虫を怖がるので変に思われてはと思い黙っていたのを思い出します。楽しみにしております。

No title

tot*ro3*1*さん、お早うございます。

ブログを拝見しましたよ。おいしそうなブログですね。

私は小さいときは怖がりで、あまり虫に触れなかった方でした。それでも小学生のときはチョウを集めていたので、蛾かチョウがは遠くから見てもすぐに分かりした。それで、ドクガに注意という学校からの通達が来て、蛾そのものが怖くなってしまいました。それを克服するのに30数年かかりました。でも、今でも大きな蛾は苦手です。クモも苦手ですが、ハエトリグモがだんだん可愛くなってきました。もうすぐ克服できるかもしれません。これからもよろしくお願いします。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ