FC2ブログ

黒川の花

昨日の続きで、9月6日に川西市黒川を歩いた時に観察した虫と花で、今回は花です。毎年、この頃、自然観察会が開かれるのでその下見だったのですが、参加者は虫より花に興味を持っている方が多くて、いつも今頃になると植物のにわか勉強をしています。とりあえず、咲いている花の写真を写してきました。



まずはネコハギです。



それからヘクソカズラ



次が問題の植物です。ずうーっと前から何だか分からなくて困っています。





花みたいな部分の拡大で、上が表から、下が裏からです。下の写真の左側が花で、右は果実なのかしら。植物観察会のリーダーにも聞いたのですが、ツツジ科かなぁ、帰化植物かもしれないという答えでした。それで、「樹に咲く花」の合弁花、「日本帰化植物写真図鑑」の第1巻と第2巻をぱらぱら見ていったのですが、結局、見つからず。今日は平凡社の図鑑を最初から見ていこうと思っています。どなたかご存知の方はお教えください。(追記2018/09/12:だいぶ前に作った観察会用の図鑑もどきを見ていたら、同じような写真が載っていました。ヒメハギ科のヒメハギの実みたいです。何年かぶりに名前が分かったみたいです





これはトキリマメではないかと思っています。





どんぐりです。葉の半分くらいまで鋸歯なので、アラカシではないかと思っています。



カバが口を開けたような花はアキノタムラソウ



そしてこちらは蕚筒。



こちらはヤノネボンテンカ。「日本帰化植物写真図鑑第2巻」に載っています。南米原産で、園芸名は「高砂芙蓉」だそうです。



写真を撮ってきたものの何だか分かりませんでした。ただ、葉が重鋸歯なので、保育社の検索入門「樹木」で葉の検索をしてみました。その結果、ヤマブキではないかという結論です。(追記2018/09/20:一秋さんから、「ヤマブキの実 黒い実が4つ付いていますね。これはシロヤマブキの実ですね。山吹色のヤマブキは5数性、5枚の花弁を持ちますがシロヤマブキは4枚なんです。実も4つなんですね。」というコメントをいただきました。黒い実はシロヤマブキですか。確かに4個ですね。ヤマブキは5個。これはいいことを知りました。観察会でも使えそうです。どうも有難うございました



これは昨年名前を覚えましたキヅタです。目立たない花なのですが、昨年は虫がいっぱい集まっていました。花はこれからです。



こちらはゲンノショウコ



それからニラ



キツネノマゴも花を拡大してみました。



アカソが草本で、コアカソが樹木でしたね。これは葉の形からコアカソみたいです。先端と中ほどでは花の形が違います。それで、拡大してみました。





上が先端についている花でこれは雌花。下は雄花かと思ったのですが、実みたいな感じです。これで約半分が終わりました。残りは次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーんなんでしょうね。ニレの実のような感じに見えるのですが・・・
なんか違いますね。なんの実なんでしょうか。わかりません。

ヤマブキの実 黒い実が4つ付いていますね。
これはシロヤマブキの実ですね。
山吹色のヤマブキは5数性、5枚の花弁を持ちますが
シロヤマブキは4枚なんです。実も4つなんですね。

No title

一秋(野草)さん。コメント有難うございました。

確かに形は似ていますね。ただ、もっと小さいんです。葉も違うし。なんでしょうね。

黒い実はシロヤマブキですか。確かに4個ですね。ヤマブキは5個。これはいいことを知りました。観察会でも使えそうです。どうも有難うございました。

No title

どうやらヒメハギの実のようです。昔、撮った写真を見ていたらそう書かれていました。そんなこと、すっかり忘れていました。皆さんにお手数をおかけしてしまいました。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ