FC2ブログ

廊下のむし探検 蛾

廊下のむし探検 第1024弾

8月5日にマンションの廊下で見た虫の続きで、蛾ばかりです。



まずはゴマケンモン。これまで5-6月と8月に何度か見ていました。



これはウスベニトガリメイガ。いつもは天井に止まっているのですが、この日は床の上だったので拡大して撮れました。



これはこの間から何度か見ているプライヤハマキ



それから苦手なヒメシャク。これはマエキヒメシャクだろうと思います。



で、これは何だろう。Idaea属みたいなのですが、斑紋がはっきりしません。それで、いつも迷うウスモンキ、オオウスモンキ、ウスキ、オイワケ、サクライキの5種の翅の特徴を部位別にまとめてみました。



①は日本産蛾類標準図鑑に載っていた記述から、②は日本産蛾類大図鑑に載っていた記述を載せています。こうやってまとめてみるとちょっと分かった気がします。



ついでに各部の名称を書き入れてみました。外横線が各脈上で濃色になるオイワケとサクライキはとりあえず違いそうです。また、外横線が直線状のオオウスモンキも違いそうです。後翅外横線が内入し、外縁に黒点列のないウスモンキも違いそうです。だとすると、ウスキなのですが、ウスキは外横線が明瞭なので、それとも違うようです。でも、その他の特徴は合っているようなので、ひょっとして外横線の薄い個体があるのかなと思ったのですが、どうだか分かりません。



これはミドリリンガです。独特の深い緑色をしていますね。以前、アオシャクの緑色について調べたことがあったのですが、それとは違うような気がします。誰か調べているかなぁ。



こちらはボクトウガ



これはコヨツメアオシャク



それにシロオビノメイガ



今日の目玉はこれかな。初めゴマフリドクガかなと思って撮ったのですが、黒い点の範囲が限定されているし、触角の軸が黒いのも気になります。それで、図鑑を調べてみて、クロモンドクガ♀ではないかと思いました。だとすれば、初めて見ることになります。





最後はオオミズアオです。こういう大型蛾は以前はよく見たのですが、最近は本当に少なくなりました。一昨年1匹、昨年は0、今年はこれが初めてです。それ以前は年に3-4度見ていたのですが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ