FC2ブログ

廊下のむし探検 クモ、羽アリ、甲虫など

廊下のむし探検 第1023弾

8月5日にマンションの廊下を歩いてみました。蛾が多かったのですが、まだ、整理がついていません。それで残りの虫を出すことにします。



これはズグロオニグモではないかと思います。脚を前にしたオニグモ独特の恰好をしています。



ヒラズオオアリの♀有翅アリです。これはオオアリ属ですが、名前がはっきりしているので、検索の練習用にと思って採集しました。



また、コガネがひっくり返っていました。いつものように腹側を写して、表側にひっくり返してあげたら、突然、飛び始めてしまいました。お礼もなしに・・・。仕方がないので、背側の写真がないのですが、腹側の写真だけから調べてみました。



まず、①と②の条件からシロテンハナムグリ属であることは確かそうです。この属で本州産は、シロテン、キョウトアオ、シラホシ、ムラサキツヤ、ミヤマオオの5種がいます。このうち、ムラサキツヤとミヤマオオは後胸腹板に長毛が密生しているのでこれとは違います。また、シロテンは③で示した後脚脛節に2段刻があるので、やはり違います。残りはキョウトアオとシラホシになるのですが、キョウトアオは④に書かれているように中胸腹板突起が逆三角形、一方、シラホシは幅の広い楕円形だというので、この個体はたぶん、キョウトアオハナムグリではないかと思います。たぶんですが・・・。



次は背を見せていました。マメコガネです。



これは♂有翅アリです。一応、採集しました。昨日、腹部末端を調べてみたのですが、冷凍庫に入れておいたら、腹部末端が乱れてしまい、よく分からなくなりました。



これはコアオハナムグリ



今度は♀有翅アリです。たぶん、ウメマツオオアリあたりかなと思っているのですが、一応、採集しました。この間も書いたように、近畿産に限れば、オオアリ属だと分かれば、何とか種までたどり着けるのではないかと思っています。♀有翅アリの属の検索はヒラズオオアリで今試しているところです。これが終わったら、また一度、調べてみたいと思います。



これはこれまで何度か見ました。たぶん、コガネグモ科のコガネグモダマシではないかと思います。



最後はひっくり返って死んでいたのですが、表を向けて写しました。たぶん、オオヨツスジハナカミキリだと思います。腹部末端の形から、♂かなと思っています。

雑談)昨日朝に見たシカの後日談があります。私は6時40分頃に、シカが動物除けのネットに角が引っかかり、用水路に落ちているところを見かけたのですが、その畑の持ち主の方に聞いたら、4時頃には角がネットにかかった状態で畑にうずくまっていたそうです。6時ごろに来た時もそのままで、だいぶ弱っていたそうです。その後、畑から脱出しようと外に飛び出して用水路にはまったようです。私が帰るとき(7時半ごろ)にはまだはまったままで暴れていたのですが、家に戻ってベランダから見たときには、呼ばれてやってこられたお巡りさんも見張っておられた方もいなくなり、その辺には何の姿も見えませんでした。それで、お巡りさんが角にかかったネットを外して無事、脱出したものだと思っていました。

でも、違っていました。実はシカは、この短い時間の間に、用水路に沈んで息絶えてしまったようです。お巡りさんと見張りの方は畑の持ち主にこのことを役所に届けた方がよいと伝えに来られたとのことでした。その後、9時過ぎに役所の方4人が軽トラでやってこられ、やっとの思いで用水路にはまったシカを引っ張りあげ、軽トラに載せて運んでいかれたそうです。私の想像とは異なり、ずいぶん可哀そうな結末になっていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ