FC2ブログ

廊下のむし探検 羽アリ、甲虫ほか

廊下のむし探検 第1020弾

7月28日にマンションで見つけた虫の続きです。





この間から、羽アリがたくさんやって来ています。少しでも調べてみようと思って、この♂有翅アリ2匹を採集しました。上はやや大きめで、体長は5.2mm。下は小さくて、3.4mmでした。先ほど、「日本産アリ類画像データベース」に載っている♂有翅アリの検索表で調べてみました。その結果、上はヤマアリ亜科オオアリ属、下はヤマアリ亜科ケアリ属になりました。顕微鏡写真も撮ったので、また、今度まとめて載せることにします。



この♀有翅アリも採集しました。一昨日、「日本産アリ類図鑑」に載っている検索表でいい加減な検索をした結果はヤマアリ亜科オオアリ属のウメマツオオアリになったのですが、怪しいところが多すぎてまだはっきりしません。



これは採集しなかったのですが、一匹は翅が落ちた♀アリです。たぶん、先ほどと同じではないかと思っています。



これはヒラズオオアリ



これは何だろう。いっぱい見ているとどれもこれも同じに見えてきて・・・。



コガネの仲間もいました。死んでいるみたいですが・・・。



アブが止まっていました。左右の複眼がくっついているので、♂です。アブは♀しか調べられないので、今回はパスです。



でも、一応、触角を撮っておきました。よく見ると、複眼の上下が違う色ですね。この間のミズアブと同様に上下で個眼の大きさが違うかもしれませんね。



いつもこんな姿でコガネの仲間がひっくり返っているのですが、今回は雰囲気が違いますね。



ピンセットでひっくり返してみたら、やっぱりこんな虫でした。たぶん、オオゴキブリの幼虫でしょうね。



ヒメカゲロウです。廊下で撮影しているのですが、夏場は窓が開いているので、窓の近くではあまりゆっくりとは撮れません。さっさと撮ったのですが、ちょっとピントが合っていませんでした。


一応、以前のブログを参考にして、翅脈に名前をつけ、また、属の検索をしてみました。recurrent veinがあるので、たぶん、Hemerobius属は確かそうです。種の検索はまだしていないのですが、以前も見たヤマトヒメカゲロウかもと予想しています。



ちょっと大きめのクモです。アシナガグモの仲間ですね。どうも大きめのクモは怖さが先に立って調べる気にならなくって・・・。





これは以前も見たセマダラナガシンクイ





それから天井に止まっていたカマキリの幼虫です。名前は分かりませんが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ