FC2ブログ

京都府立植物園で虫探し

5月25日に家族と京都府立植物園に行ってきました。約2年ぶりです。以前はよく行っていたのですが、右目が見えにくくなったり、足を骨折したりして、すっかりご無沙汰になってしまいました。車を駐車場に入れて、まずは腹ごしらえで北山通りにあるパン屋さんで食事をしました。やはり北山通りのお店は美味しいですね。植物園に入ってから、家族と分かれ、私は生態園で虫探しをしました。ここは野草が植えてあるところで虫探しにはもってこいのところです。



まずはヒメカツオブシムシを見つけました。(追記2018/06/02:通りすがりさんから、「メマルカツオブシムシがヒメになってますね。」というコメントをいただきました。ヒメカツオブシムシは全く外見の異なる種です。うっかり間違ってしまいました。ご指摘、どうも有難うございました



それからマミジロハエトリです。このあたりの虫は家の近くでもよく見かけます。

林の中を歩いていると、上からちょっと大きめのクモがぶら下がっていました。風に揺れて、また、糸の周りをぐるぐる回るのであまりうまく撮れなかったのですが、とりあえず撮ってみました。





家に戻ってから、「日本のクモ」で探してみたのですが、なかなか見つかりません。結局、また、ネットに頼ることになりました。たぶん、カニグモ科のワカバグモのようです。調べてみたら、実は、昨年の5月22日にマンションの廊下でも見ていました。色がだいぶ違っていたので気が付きませんでした。



葉っぱの上に小さな黒い点があるなと思って拡大したらこんな虫でした。ミズギワカメムシの仲間です。「日本産水生昆虫」に載っている検索表で検索してみようと思ったのですが、触角も脚も見えないので途中で挫折です。たぶん、死んでいたのかな。





上と下は別の個体ですが、こんなクモがいました。たぶん、幼体だと思います。こんな風に茶色の帯があるクモにはイオウイロハシリグモのスジボケ型、ババハシリグモ、スジボソハシリグモ、スジブトハシリグモ、スジアカハシリグモがいます。前3者の帯は細いので、これは後2者のうちのどちらかだと思われます。この両者は腹部背面に白点列があるかないかで見分けられます。これについては以前にも書きました。この個体は両方とも白点列が見えるので、たぶん、スジブトハシリグモだと思われます。



ちらっと見えたこのカメムシはムラサキシラホシカメムシではないかと思います。



これはミカドトックリバチ



小さなハチですが、科もよく分かりません。何となく、触角が変わった感じですが・・・。



これは家の近くでも見たことがあります。たぶん、カタビロサビウンカの幼虫。



これはエゾホソガガンボ♀。これも最近よく見ます。



腹部がやけに大きいのですが、これもヤミイロカニグモなのかなぁ。



すぐ近くの枝にヤマガラが止まりました。あまりに近すぎてカメラのピントがなかなか合いません。やっと撮ったらこんな姿でした。



それからホシミスジです。この日は特に暑くて、京都の最高気温は31.9度。林の中を歩いていたので、直射日光は当たらなかったのですが、風が吹かないので、むしむしした感じでだんだんバテてきました。



それで、こんな涼しそうな休憩所で一休み。風が吹きぬけて大変さわやかでした。



気を取り直して水を溜めてある池でイトトンボを撮りました。たぶん、クロイトトンボですね。





連結しているカップルもいました。たぶん、産卵しているのでしょうね。



最後はシオカラトンボです。家族はこんな暑さでも元気に歩き回っているのですが、私の方はもっぱら日陰で休憩でした。花も少し撮りました。でも、次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

府立植物園は自然にあふれていて本当に好きな場所です。気持ちの良い日に散策されて良かったですね!

No title

tot*ro3*1*さん、こんばんは。コメントをどうも有難うございました。
府立植物園は広いし、特に植物生態園は自然の林の中を歩いているみたいで、本当に気持ちがいいです。虫も結構いるし・・・。前は年に2、3回は行っていたのですけど。大阪から行くと、北山通で食事をするのも楽しみです。

No title

ヒメマルカツオブシムシがヒメになってますね。

去年、畑のリンゴにできた虚にヤマガラが巣を作りました。
腰より低い位置に開いた直径10センチに満たない穴でしたが、猫の手も届かないであろう深い穴だったので、無事に2羽の雛が巣立ちましたよ。

つい先日は山形のリンゴ園に行ってきたのですが、鳥の巣と卵を持って来られたので、モズの巣だから、元の場所に戻す様に言っておきました。
戻ってくると良いのですが…卵を温めに

No title

ほんとだぁ。虫の名前を書き出した原稿の方もそうなっていた・・・。最近、「図鑑もどき」づくりで忙しくてチェックがおろそかになっているみたいです。早速直しておきます。ご指摘どうも有難うございました。

「畑のリンゴ」、いかにも信州らしくって響きがいいですね。ヤマガラが腰より低い位置に巣をつくるのですか。びっくりです。3年ほど前に、鈴木まもるさんという方の「世界の鳥の巣と絵本原画展」がけいはんな記念公園で開かれたので、家族と一緒に見にいったことがあります。講演も楽しかったし、変わった巣がたくさん展示されていて面白かったです。でも、実際にはほとんど見たことがありません。よく探せばあるのかな。最近は虫ばかりに目が行っているから。
プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ