fc2ブログ

家の近くのむし探検 甲虫、カゲロウほか

家の近くのむし探検 第383弾

5月12日に家の近くの公園に行きました。最近は運動を兼ねて行っているので、公園にはよく行きます。その時に見た虫たちです。見た順に書きます。



最初はマンションの廊下で見つけたニジゴミムシダマシの仲間です。図鑑を見ると、Tetraphyllus、Ceropria、Euhemiceraあたりが似ています。



ただし、触角がこんな風に第4節から太くなっているのはCeropria属だけみたいです。この属で本州産は4種います。ナガ、ホソナガ、フトナガ、オオナガです。「原色日本甲虫図鑑III」の説明を見ると、触角の逆三角形の内側への片寄りと、前胸背板側縁の丸みが見分けるポイントのようです。この個体は触角の逆三角形の片寄りが大きいことと、前胸背板側縁の基半の変化が緩やかなので、ホソナガニジゴミムシダマシかなと思ったのですが、よくは分かりません。



次は同じ廊下で見たラクダムシです。いつ見ても変わった姿です。記録を見てみると、5月初めから20日過ぎまで何度か見ていました。





これはマンションの渡り廊下にいたカタオカハエトリです。



公園に着いたらニワゼキショウがいっぱい咲いていました。この間、三川合流地点でセッカニワゼキショウなどを見たので、ついでに撮っておきました。



虫がいないかと思ってツツジの葉上を探していたら、ツツジコブハムシがまさに飛び立とうとしているところでした。こんな格好でどうやって飛ぶのかなと思って見ていたら、一瞬のうちに飛んでどこかに行ってしまいました。意外に速い速度で飛びます。



二日前に見たシマサシガメと同じ個体かなと思うのですが、また、ジョウカイボンの仲間を捕まえていました。





こんな写真からある程度は検索できます。「絵解きで調べる昆虫2」のベニボタルの絵解き検索を試してみると、カクムネベニボタル属になりました。合っているかどうかは分かりませんが・・・・。



これはクビボソジョウカイあたりの仲間かな。



これはルリウスバハムシではないかと疑っているハムシです。この日は採集しました。でも、今は時間がなくて調べられません。



ギンメッキゴミグモがいました。ちょっと拡大してみます。



こんな感じになりました。



これはクサギカメムシ



これはたぶん、ヒラタカゲロウ科の亜成虫。



これはニレハムシなのかなぁ。検索してみないとよく分かりません。



最後はまたカゲロウです。マダラカゲロウかなと思ったのですが、尾が2本なのでやはりヒラタカゲロウ科かもしれません。残りは次回に回します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ