FC2ブログ

家の近くのむし探検 センボンヤリほか

家の近くのむし探検 第380弾

ハラアカアブヒメバチの検索の続きも出さなければならないのですが、家の周りを歩いて見つけた虫の名前調べも溜まってきたので、とりあえずそちらの方を先に出すことにしました。この間の植物観察会で見たセンボンヤリが咲いていないか気になって5月9日に見にいきました。



まず、朝、家の窓から見た風景です。シカが何頭かいました。最近はよく見かけます。もう奈良公園に行かなくてもいいくらいです。



センボンヤリは山道沿いにあったので、そこまで歩いていきました。途中でこんなトンボを見つけました。たぶん、オグマサナエですね。



何枚か写真を撮っていたら、首をちょっとかしげました。なかなか可愛いですね。



すぐ近くではシオヤトンボも。これからはトンボのシーズンですね。私は目立たないハエや小甲虫ばかり見つけては写真を撮っていますが・・・。



それから、アシブトハナアブです。センボンヤリは確かこの辺にあったなと思って山道を歩いたのですが、見つかりません。何度かその辺りを歩き回ってやっと見つけました。



こんなに長く伸びているのですが、花はこの間見たときとほとんど変わりません。花は咲かないのだろうか。これで咲いているのだろうか。ちょっとがっかりでした。



それで、いつも見ている林の入り口と国道沿いの茂みで虫探しをしました。いろいろといたので、まずは甲虫、カメムシ、ハチ以外の虫を紹介します。これはネットで探して、ヒメギスの幼虫かもというところです。



昨年の秋に何度も見かけたハエです。2か月ほど前に検索をして、イエバエ科チャバネヒメクロバエになりました。詳細はこちらこちら



トビケラは一応撮るのですが、名前はおろか科もよく分かりません。一度、この辺にいるトビケラをすべて採集して調べてみたい気もするのですが、きっと大変でしょうね。



これはアリグモ





こんな派手な毛虫もいました。「日本産幼虫図鑑」を見ると、何となくマダラガの幼虫みたいです。それで、「みんなで作る日本産蛾類図鑑」の幼虫画像を調べてみました。たぶん、ルリイロスカシクロバの幼虫ではないかと思います。



カミムラカワゲラらしい個体はまだちょこちょこ見かけます。



最近は半日陰の林の入り口と国道脇の茂みを探した後は川の土手にある道具小屋と畑の風よけを調べることにしています。この道具小屋と風よけは用水路脇に立っています。そこで、また、トビケラを見つけました。何となく、止まり方はニンギョウトビケラっぽいのですが、翅は違っています。そのうち調べてみたいなとは思っているのですが・・・。



ここには小甲虫がいっぱいいるのですが、それは次回に回すことにして、こんなアシナガバエがいました。今年はアシナガバエも調べてみたいと思っているですが、思わぬ壁につき当たって進んでいません。何匹か採集はしたのですが・・・。



このクモは以前にも見たことがあります。その時はヘリジロサラグモ♂としたのですが、合っているかなぁ。





道路脇のこんな隙間にコナスビが咲いていました。汚れてちょっと気の毒です。甲虫、カメムシ、ハチは次回に回します。

雑談)小学校三年生に虫の話をしてほしいと頼まれた日が来週の月曜日に迫ってきました。お土産に虫の手作り図鑑をもっていこうと思って、写真と名前だけを載せた簡単な図鑑を作り始めました。作り始めたら面白くなって、話の準備はまったくせずに図鑑づくりばかりをしていました。もうあと、昆虫ではハエ目の一部とチョウ目を残すだけになりました。ところで、今日は学校の先生と電話で打ち合わせをしました。そうしたら、急に話の準備をしていないことが不安になってきました。いったい何の話をしたらよいのでしょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ