FC2ブログ

家の近くのむし探検 蛾、ハチ、ハエなど

家の近くのむし探検 第379弾

5月4日に家の近くの公園で見つけた虫の続きです。



これは出かけにマンションの倉庫の壁に止まっていた蛾です。「標準図鑑」を見たのですが、どうもぴったりと来ないので迷ったのですが、結局、モトグロコブガかなというところです。



公園ではルリチュウレンジが出てきました。いつも4月中旬ごろから5月初旬にかけて見始めています。今年はちょっと遅かった感じです。





ガガンボがいました。「日本産水生昆虫第二版」を買ったので、一度、検索をしてみようかなと思っているのですが、この日はパスです。



結構、大きな虫です。ハチかなと思ったのですが、触角柄節が長いのでアリのようです。



腹柄節もあるので、やはりアリみたいです。



マガリケムシヒキ属にも数種いるのでしたね。これは前脚腿節先端が赤褐色なので、マガリケムシヒキNeoitamus angusticornisみたいです。





ツツジに蝶が止まっていました。回り込んで写してみたら、どうやらコツバメのようです。



これは何だろうな。ミズアブ科かなぁ。(追記2018/06/26:後脛節先端近くに黒い帯があるので、たぶん、Microchrysa japonicaだと思いますが、はっきりとはしません。別の個体での検索結果はまだ出していないのですが、とりあえずはこちらに書いてあります





次はヒゲナガガです。触角が長いので♂。でも、顔の周りに鬚がないので、ケブカヒゲナガの仲間ではなくて、ホソオビヒゲナガ♂ではないかと思います。



ユスリカはセスジユスリカ辺りの種かな。



こちらはネコハエトリ。何か捕まえていますね。





アシナガバエがだいぶ出てきました。「日本産水生昆虫第二版」には属の検索表が載っているので、今度一度調べてみたいと思います。



前脚脛節末端の距刺がなくて、前胸背に1対の縦溝があるので、ヒメトゲナシケバエ♂ではないかと思っています。





この変なハエは以前にも見たことがあります。そのときはヒロクチバエ科のPterogenia属の未記載種ということでした。今回は捕まえようと思って近づいたら、またしても逃げられてしまいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ