FC2ブログ

虫を調べる アラキヒメテントウ?

4月12日にマンションの廊下で小さなテントウを見つけました。先日、別のテントウを調べたばかりだったので(こちらこちら)、練習だと思って、また、検索に挑戦してみました。





今回はこんなテントウです。黒いしか特徴がないので、図鑑を見ただけでは種類まで分かりません。その分、検索のし甲斐があります。検索表は「原色日本甲虫図鑑III」に載っているものを用いました。その結果、ヒメテントウ族ヒメテントウ属Pullus亜属のアラキヒメテントウになりました。間違っているかもしれませんが、一応、記録のために書いておきます。



まずは族の検索です。この8項目を調べると、ヒメテントウ族であることが分かります。いつものように写真で確かめていきたいと思います。



まずは背側から撮った全体像です。体長は1.6mm。かなり小さなテントウです。全体に毛がいっぱい生えています。①、③、⑦、⑧はこの内容でOKです。



②の頭盾はこの写真で示した部分ですが、横に拡がっています。しかし、これに対抗する項目では「頭盾は眼の前方で強く側方に広がる」なので、それほどは広がっていないということでOKです。③もOKでしょう。



大顎の写真を撮り忘れて、標本にしてから撮ったのですが、どうもはっきりしません。でも、これは大型のマダラテントウ族(大顎は多歯状)を除外する項目なのでたぶん、大丈夫ではないかと思います。



小あごひげ(小顎髭)の末端節が何型なのか分かりませんが、対抗する項目のように「長い円錐型」ではなさそうです。それで④はOKにしました。⑧の前胸腹板前縁は矢印で示した部分ですが、ほぼ平坦です。それでこれもOKです。



この⑤と⑥は共にOKです。



触角が何節なのかどうもはっきりしなくて適当に番号をつけたのですが、とにかく9節より多いことは確かです。それで⑥はOKです。いくつか怪しい項目があったのですが、とりあえず、すべての項目を確かめたので、まぁ、ヒメテントウ族でよいのではと思っています。次回調べるときはもう少し詳しく調べてみたいなと思っています。

次は属の検索です。



属と亜属はこの5項目です。これで、ヒメテントウ属Pullus亜属になりました。これも写真で見ていきます。



前胸腹板はT字型の部分です。たぶん、Tの横棒の部分を基腹板、縦棒の部分を腹板突起と呼ぶんだと思います。それで⑨はOKだと思われます。次の⑩、⑪、⑫は腹板突起にある隆起線に関するものです。先日調べたホソヒメントウ属はこの隆起線がありませんでした。矢印で示した部分が隆起線ならば、たぶん、この3項目はOKでしょう。



次は脚の跗節に関するものです。この間のホソヒメテントウ属は全部で3節だったのですが、これは短い第3節があります。これを隠4節と呼ぶようです。写真がいまいち鮮明でなかったのが後から見て悔やまれます。



触角の節数ですが、これがはっきりしません。何度か撮り直したのですが、だいたいこんな写真です。あえて番号をつければ11節のような感じがしますが、ひょっとしたら10節かもしれません。10節を選ぶとNeopullus亜属になり、種の検索ではオトヒメテントウになりますが、「上翅の後側方に小さく長卵形の赤紋がある」というところが違いました。それで、この亜属ではないなと思ったのですが、斑紋に個体変異があるとすると可能性は残しておいた方がよいかもしれません。ここでは11節だとして進んでいきます。



次は腿節線です。腿節線はこの写真で示した部分だと思うのですが、完全かどうかは脚が邪魔してよく見えません。



ちょっと脚を動かしました。たぶん、腿節線は完全と言ってよいのだと思います。ただし、腿節線で囲まれた部分の点刻密度はよく分かりませんでした。これでまたまた怪しいながらヒメテントウ属のPullus亜属になりました。

その先は種の検索です。



この5項目を調べることでアラキヒメテントウになります。



この4項目は色と大きさに関するものなのでたぶん、大丈夫でしょう。



前胸背板の⑯はたぶん、大丈夫でしょう。次の⑱は矢印で示したように書いてある部分がまさに淡色でした。



脚の色です。これもOKです。



⑱も上翅端が確かに淡色なっていました。色に関する部分は全部あっているので、たぶん、大丈夫だと思うのですが、触角の節数が本当に合っているかどうか気になります。これはもう少し別の個体で調べて、経験を積まないと駄目でしょうね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ