FC2ブログ

虫を調べる ヤドリコハナバチ

この間、家の近くにある川の土手に行ったら、小さなハチが地面に開いたたくさんの穴に入ったり出たりしていて、何かを探している様子でした。これは面白いなと思って一匹を採集しました。それで、まずその名前から調べてみました。



いたのはこんなハチで腹部の前半の赤いところが特徴です。



横から見るとこんな感じで、体長は5.5mmでした。



これは上から見たところで、ついでに「日本産ハナバチ図鑑」に載っている図を参考にして各部に名称を入れてみました。腹部背板の赤い部分は第1節から第3節の中ほどまででした。顔の部分はいかにもハナバチ類なので、まずは「日本産ハナバチ図鑑」に載っている検索表で科と属を調べてみました。その結果、コハナバチ科のヤドリコハナバチ属 Sphecodesになりました。その検索過程から見ていきたいと思います。



ヤドリコハナバチ属であることを確かめるには上の5項目を確かめればよいことになります。これを順番に見ていきたいと思います。



まず、頭部を斜め前から撮った写真です。この間、ニッポンヒゲナガハナバチを調べたので、口の辺りの違いは歴然です。この写真の場合、下唇鬚は同じような長さの節からできていることが分かります。これで①はOKです。



次は中舌です。こんな感じで先が尖っています。



ついでにもう少し拡大してみました。中舌の基部にあるのは何だろう。



次は前翅の翅脈です。中脈がこんな風に湾曲しているのはコハナバチ科の特徴です。これが③です。次の④は亜縁室の大きさですが、1>3>2の順になっています。これが④で、共にOKです。



次は⑤で点刻についてです。点刻が粗いかどうかは相対的なことなので、この写真だけからでは判断できません。この写真では胸背は疎らで、頭部はもう少し密です。次回載せる頭盾なんかを見ると著しく点刻されているといってもよさそうです。⑤の項目は後半の内容の方がもっと明確です。この個体は次回出てくる尾節板の大きさから♀だと思われるのですが、⑤に対抗する選択肢では「♀の後脚は刷毛(はけ)がある」となっています。この個体では次の写真で示すように腿節にも脛節にも刷毛はありません。



ということで、この個体はコハナバチ科のヤドリコハナバチ属だと思われます。♀なのに、花粉を集める刷毛がないのは「ヤドリ」という名前の由来が関係しています。つまり、このハチは花には訪れず、他のハチに寄生するからです。

この「ヤドリ」という名前が気になったので、少し文献を調べてみました。「日本産ハナバチ図鑑」にも少しだけ説明が出ていますが、ヤドリコハナバチの仲間はほかのハナバチの仲間の巣穴に入って、集めていた花粉団子に産卵し、他人の餌を横取りして成長するという寄生を行います。これを労働寄生とか盗み寄生とか呼んでいます。一般に、寄生する場合、宿主と寄生者は決まったペアになることが多いので、寄生者はある特別の宿主だけに寄生する専門家(specialist)であると言えます。ところで、このヤドリコハナバチの仲間にはいろいろな宿主に寄生する万能選手(generalist)もいます。

どんな宿主に寄生するのかを調べた研究はヨーロッパのものがほとんどなのですが、次の論文にその結果が載っていました。

[1] M. Sick et al., "Host-Parasite Relationships in Six Species of Sphecodes Bees and Their Halictid Hosts: Nest Intrusion, Intranidal Behavior, and Dufour's Gland Volatiles (Hymenoptera: Halictidae)", J. Insect Behavior 7, 101 (1994).
[2] P. Bogusch, L. Kratochvil, and J. Straka, "Generalist cuckoo bees (Hymenoptera: Apoidea: Sphecodes) are species-specialist at the individual level", Behav. Ecol. Sociobio. 60, 422 (2006). (ここからpdfが直接ダウンロードできます)

ヤドリコハナバチ属でも種によってはスペシャリストもいるのですが、ジェネラリストもいて、例えば、一つの種がコハナバチ科のコハナバチ属やアトジマコハナバチ属、それにヒメハナバチ科など科を越えて寄生する例も知られています。これを鳥のカッコウの托卵になぞらえて英語ではこういうハチのことをcuckoo beeと呼んでいます。宿主となるハナバチは通常、地面に穴を掘り、そこに育房と呼ばれる横穴を堀り、花粉を運んでは団子にして花粉団子を作ります。団子ができたら、卵を産んで、育房の蓋をします。それで、また花から花粉を集めてきて同じ操作を繰り返します。ヤドリハコハナバチの仲間はこの巣穴に入り込み、出来上がった花粉団子を横取りするばかりか、産み付けられていた卵を破壊したり、生まれてきた幼虫が牙で宿主の幼虫を殺したりして乗っ取ります。

ここでいくつかの疑問が出てきます。ヤドリコハナバチ属が寄生するコハナバチ属などはもともと近縁で、遡ってみると祖先は同じになります。どうして、一方はまじめに花粉を集め、もう一方はそれを横取りする種に分かれたのでしょう。もう一つの疑問は、普通、宿主と寄生者の間には互いに競い合って進化してきた歴史があります。これを「赤の女王仮説」といいます。詳細はWikipediaに載っていますが、赤の女王は「鏡の国のアリス」に登場する人物で、この仮説は「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」という台詞から来ているそうです。つまり、敵対的な種間では攻撃・防御の軍拡競争を果てしなく続けていかなければならないということを意味します。このような競争の結果、寄生者も宿主も共にスペシャリストになっていくのですが、どうしてジェネラリストとしていられるのでしょう。こんな疑問です。

後者については上の論文[1,2]に実験結果が載っていました。ヤドリコハナバチの行動を観察していると、宿主のハチがいないときに巣穴に入ったり、宿主が出てくるのを待つという場合もあるのですが、宿主が中にいるのに平気で中に入ったり、場合によってはほぼ同時に中に入ったり、中に入って何時間も出てこなかったりとかなり堂々と振舞っています。時には宿主に追い出されたり、けんかになったりすることもあるのですが、わりと気にしないで行動しているように見えます。ハチは自分にとって味方かどうかを匂いで判断しているのですが、ガスクロ―質量分析という方法で調べてみると、それほど匂い成分は一致していないようです。それで、たぶん、似た匂いを持っているのではと考えられているようです。

それでも、こんなにいろいろな種に果たして受け入れてもらえるだろうかという問いには上の論文[2]が答えてくれました。この論文ではいろいろなハナバチ類が巣穴を作っている場所でヤドリコハナバチの行動を観察してみると、一つの個体は次々と同じ種の巣穴を訪れていたそうです。つまり、種としてはジェネラリストなのですが、個体としてはスペシャリストであるということのようです。

最初に挙げた問題には、このような宿主・寄生者が進化の過程でどのように分かれてきたかとかという問題のほかに、ジェネラリストとスペシャリストがどのように分岐してきたかという問題も考えられます。宿主・寄生者の分化はどんな種類でも15%程度は寄生者に分化しているという事実もあり、進化に伴う必然的な現象と考えられるかもしれません。後者のジェネラリストとスペシャリストの分化については次の論文で扱われていました。

[3] J. Habermannova, P. Bogusch, and J. Straka, "Flexible Host Choice and Common Host Switches in the Evolution of Generalist and Specialist Cuckoo Bees (Anthophila: Sphecodes)", PLOS ONE 8, e64537 (2013). (ここで読むことができます)

「赤の女王仮説」で宿主・寄生者間の軍拡化競争が進むと、宿主と寄生者間の関係は特異的になり、最終的には1:1の関係になってしまいます。この場合、なんらかの原因で宿主が滅びると寄生者も同時に滅びてしまいます。つまり、スペシャリストは進化の死を意味することになります。一般的にはそうなる前に宿主を転換するという行為が行われます。その極端な場合がジェネラリストではないかという考えです。この考えによれば、軍拡が進んでいないときはジェネラリストだったものが、軍拡が進むにつれてスペシャリストになっていき、しかし、あまりにスペシャリストが行き過ぎると、一部のものが再びジェネラリストに戻るということになります。ただし、この場合のジェネラリストは種全体で見たときだけで、個体レベルではスペシャリストということのようです。

論文をざっと読んだだけなので、解釈が間違っているかもしれませんが、一匹のハチを捕まえ、それについて調べていくといろいろな話が湧き出してきて実に面白いですね。次回は苦しみぬいた種の検索について載せます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ