FC2ブログ

家の近くのむし探検 カミキリ、蛾

家の近くのむし探検 第364弾

4月3日に家の近くの公園で見た虫です。もう気温はかなり高いのですが、あまり虫を見かけません。どうしてでしょうね。



まず、公園に出かける前にマンションの廊下で見た虫です。たぶん、ナカジロサビカミキリ



公園では久しぶりに蛾を見ました。これはフタテンオエダシャク



それから街路灯の柱に止まっていたイナズマコブガ。撮影していたら、ぱっと飛んで行ってしまいました。



同じ柱にはこんな小さな毛虫も。模様からヨツボシホソバの若齢幼虫みたいです。



虫があまりにいないので、運動をしてから帰ってきました。マンションの渡り廊下で今度はこんなゾウムシ。雰囲気からケブカクチブトゾウムシ



同じ場所でこんな小さなハエトリグモもいました。ネオンハエトリかなと思ったのですが、「ハエトリグモハンドブック」を見ると、脚の色とか、頭胸部の後半の傾斜などがちょっと合いません。むしろカタオカハエトリに似ている感じです。それで、その幼体ではないかと思っています。カタオカハエトリはマンションでは5月に♂を2度見ています。



最後はこのカミキリです。たぶん、ヒメスギカミキリ。公園を歩き回るよりも、渡り廊下をちょっと通るだけの方が虫をたくさん見つけられますね。

雑談)一昨日は公園ではなくて、川の土手で虫を探してみました。ハチがやたら飛び回っているので捕虫網で2匹ほど捕まえました。また、アリの巣のような地面の穴にしきりに出たり入ったりしている小さなハチも気になりました。これも採集しました。最初の2匹は検索結果、ニッポンヒゲナガハナバチの♂と♀になりました。後の1匹は腹部の前半が赤いので何とかなるかなと思ったのですが、意外に苦戦です。コハナバチ科のSphecodes属は確かなのですが、その先であっちうろうろこっちうろうろ。種の検索表の載っている論文は見つけたのですが、用語や英語の意味が分からないところがあってなかなか進みません。何とか種まではたどり着いたのですが、果たして合っているのやら、いないのやら。

雑談)最近は虫の検索ばかりしているのですが、虫の数は果てしないので、いったいいつまでこんなことを続けなければいけないのかと疑問に感じ始めました。家族にそう言うと、すぐに止めればとは言うのですが・・・。身近な生き物すべての名前を知りたいなんて無謀なことを始めたのが間違いだったのかもしれませんね。それでも、冷凍庫に入っている虫だけでも片付けないと・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

廊下のむし

Author:廊下のむし

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
カウンター
月別アーカイブ